電解洗浄ライン

電解洗浄ライン-コンパクト処理ラインで効率大幅向上

プライメタルズテクノロジーズが提供する電解洗浄ライン(ECL)で、タンデムミルでの加工時に発生するの鉄粉と圧延油を除去することができます。

高度な ECL テクノロジは、下流設備のバッチ焼鈍炉での処理前にコイルを徹底的に洗浄し、表面を完璧に清浄化します。このタイプのラインは、コイル形成ラインとしても使用することができます。ペイオフリール、シャー、溶接機、洗浄部等のモジュールは、メッキラインに共通しています。

機能

  • 溶接機
  • 洗浄部

主な特長

  • 各種洗浄部デザインのテクノロジの改善 (スプレー、「V」字形電解タンクおよび縦型電解タンク)
  • 単なる洗浄機器でなく清浄のソリューションを供給
  • 高速、高効率な清浄デザイン
  • プリセット自動制御により歩留まりおよび生産性向上
  • 統合型環境ソリューション
  • ユーティリティーの最適化

プライメタルズテクノロジーズは、以下の点について、洗浄の最高テクノロジ(浸潤、ブラシのタイプ、電解のタイプ、リンス)を開発および実装しました。

  • 投資コスト
  • 運転コスト 
  • 環境への影響
  • 用途に合わせたデザインの最適化
  • 最適な装置デザインによる容易なメンテナンスと運転

   

図1- 洗清浄部  |  図2- 洗清浄ラインのタンク詳細   

 

近代化

プライメタルズテクノロジーズには、プロセスラインの老朽化更新、近代化、高機能化の豊富な実績があります。体系的なアプローチにより、お客様と緊密に連携し、個別ニーズに基いた機器の取り合いを十分に検討しながら、ニーズに応じた近代化コンセプトを開発し、ソリューションを電気、制御、機械またはそれらの組み合わせにより提案致します。お客様が選択したコンセプトをベースにして、いくつかの手順に従い、プラントの稼働停止中に近代化を実行することも可能です。プライメタルズテクノロジーズの経験を基に、定修期間を最小限に抑えると共に、迅速な立上と最高の品質を実現いたします。

溶接機

プライメタルズテクノロジーズは、電解洗浄ラインに対して、板厚0.1~3.5㎜に対応した最新のマッシュシーム溶接機により、処理ラインの投資額に見合うサービスを提供します。 
品質管理システムおよび通常の状態を監視する革新的な条件の監視システムを搭載した溶接品質のリアルタイムフィードバックにより、プライメタルズテクノロジーズは、オペレーター補助が不要で、溶接機の信頼性を向上(99%以上)させる、完全自動溶接機を提供します。ユーザーフレンドリな 操作パネルは、運転がしやすく、部品のアクセスも簡単なため、長期にわたり使用でき、メンテナンスが容易です。
縦型または横型電解洗浄部で鋼板を清浄な状態にすることは、鋼板表面に塗装膜を付着させるコーティングプロセスでは必須です。プロセステクノロジと関連した十分な洗浄で、鋼板表面のオイルおよび微粒子が除去されます。プライメタルズテクノロジーズは、装入される鋼板およびコーティング製品に対応して、清浄テクノロジを最適化しました。洗浄部(スプレー、「V」字形電解タンクおよび縦型電解タンク)の各種デザインの改善により、電解洗浄部を利用するお客様のユーティリティー消費を最適化し、無駄を削減することができます。

SIAS

処理済み鋼板の欠陥のない表面条件を保証する最適ツール。SIAS は、例えば、ファインシルバ、ピンホール、スクラッチおよびコーティング欠陥等、深絞りにおける重大な欠陥を検出および特定します。アークスポット等の軽微な欠陥は、最大速度で検出することが可能です。またSIAS® は、付加価値プロセスの前に、大きな表面欠陥をすべて特定し、有害と思われる欠陥に対してはは対応(減速)を講じるよう設備オペレーターに報告するため、欠陥が原因となるライン内での板破断を解消します。熱間ミルの場合、使用点検速度は最大 1,200 m/分 の範囲まで対応可能です。
これらはすべて、市場で利用可能な最新テクノロジであるラインスキャンカメラ 、プレヴィット方式の画像検出用コンボリューションフィルターおよびクーロン超球方式の分類アルゴリズムなどによるものです。

全レベルで完全なプロセス制御

鋼板処理ラインでの高品質、高付加価値製品の効率的かつ連続的な生産は、高度オートメーションおよびプロセス制御システムを使用してはじめて実現できます。速度がそれぞれ異なる個別のプラント施設を最適化して最高品質の製品および最大生産高を保証する、シームレスに連続した処理ラインでは、特に必須の要件です。 

ソリューションには以下のシステムおよびモデルが含まれます。 

  • 均一酸洗用の最新の酸洗セットポイントモデル(APM)
  • 自動鋼板品質検出システムによる全品質データの収集と分類
  • 「スチールクオリティマネージャ」による各鋼板部位の品質情報の文書化
  • 適応型伸び率制御による最近似伸び率許容値の実現
  • DynaWipe による完全自動亜鉛厚さ制御
  • 閉ループメッキプロセス制御によるメッキコーティング時の鉄含有量制御、および
  • 完全自動酸洗液分析および制御 (FAPLAC) による最適酸洗の実現

お客様のメリット:

  • 再生可能で均質な高品質製品
  • 高い製品歩留まりおよび生産高
  • 全プロセスおよび品質関連データの完全オープン性
  • 自動診断システムによりメンテナンス削減
  • 全オートメーションシステムのプロセスシミュレーションと徹底した事前検証
  • 迅速なライン立上げ  

電解質洗浄ライン向け統合型プラントおよびソリューション - 経験が物を言う

コンピタンスに関する詳細は、対応するリンクに従って確認してください。

参照例

完全プロセスターンキー処理ラインにおける高度テクノロジー

顧客

Steel Authority of India (SAIL)(インド・ボカロ)

プラントのタイプ

冷間圧延ミル内の電解鋼板洗浄ライン

ソリューション

プライメタルズテクノロジーズの電解洗浄ラインは、表面から鉄粉および油膜を除去し、鋼板を洗浄するのに効率的なソリューションです。当社の電解洗浄法は、最適品質の実現に必須です。