連続焼鈍ライン

連続焼鈍ライン - 製品要求に対応する未来志向ソリューション

連続焼鈍ラインは、高級鋼板の製造に不可欠な製品の冶金的特性を高速かつ正確に制御します。

プライメタルズテクノロジーズの連続焼鈍ラインは、非常に速いプロセス速度で幅広い鋼種および寸法に対応する柔軟でマルチゾーンの焼鈍炉を装備しています。ライン設備には、完全自動コイル給送、コイル先尾端を接続するマッシュラップ(溶接)またはレーザー溶接機、鋼板洗浄装置、および最新のラインドライブ、自動制御装置が含まれます。

ノンストップの高品質生産

自動車外板のようなハイエンド製品の製造用に、バッチ焼鈍の代替として、プライメタルズテクノロジーズの連続焼鈍ラインは、高い生産量と歩留まり、大幅なエネルギー削減および高品質な製品を提供します。
 

機能

  • 最終用途により、マッシュシームまたはファイバーレーザーによる溶接
  • 縦型または横型電解質洗浄部
  • マルチゾーン炉
  • スキンパスミルおよびテンションレベラ
  • タレットタイプサイドトリマーおよび自動ボーラー
  • 特殊計装機器
  • PropertyMon® –  インライン機械特性測定システム
  • SIAS® – 自動表面検査システム
  • TCO® – トータルコストオプティマイザー
     

主な特長

  • ペイオフリールへの自動コイル挿入
  • 溶接機までの自動通板
  • 正確な温度制御および高速冷却により、バッチ焼鈍では実現できない鋼材品種の生産
  • 6Hi UCM スキンパスミルによる鋼板面および表面性状の改善
  • 高精度のサイドトリマーおよびスクラップボーラーによる信頼性の高いライン運転および高精度の製品幅制御
  • 実証されているプラント能力
  • 最適な装置設計による高いメンテナンス性および操作性
     

炉テクノロジー — 鉄鋼業界で長い実績を持つ炉メーカ

プライメタルズテクノロジーズでは、40年以上にわたり、鉄鋼業界向けに縦型炉、水平炉等を提供し、生産量、熱処理サイクル、省エネルギーの拡大、装置寿命の延長等、お客様のリクエストに応えてきました。
 

炉のタイプ

主な特長

  • 実証された高い安定性
  • 自動車用外板等の高品質製品対応
  • 完全自動運転によるオペレータの省力化
  • 安定した鋼板搬送技術により、ぶりき用の連続焼鈍炉で最大1,000m/分の炉内スピードを実現(世界最速)
  • 市場のニーズに対応するため、多種の冷却テクノロジーを提供
  • 高度な炉モデルを利用した正確な温度制御
  • 直火バーナ、水焼入 / 高水素ガスジェット冷却装置等、AHSS 生産用ソリューション
     

近代化

プライメタルズテクノロジーズには、設備の近代化、高機能化の豊富な実績があります。体系的なアプローチにより、お客様と緊密に連携し、個別ニーズに基いた機器の取り合いを十分に検討しながら、ニーズに応じた近代化コンセプトを開発し、ソリューションを電気、制御、機械またはそれらの組み合わせにより提案致します。お客様が選択したコンセプトをベースにして、いくつかの手順に従い、プラントの稼働停止中に近代化を実行することも可能です。プライメタルズテクノロジーズの経験を基に、定修期間を最小限に抑えると共に、迅速な立上と最高の品質を実現いたします。
 

レーザーまたはマッシュシームによる鋼板溶接

プライメタルズテクノロジーズでは、超高強度鋼材専用の固体レーザーソースを使用して、溶接およびせん断を行う最新レーザー溶接機を市場へ投入しました。この溶接機は、幅広い鋼材グレードに対応する、非常に高い性能レベルを実現しています。焼鈍ラインについて、プライメタルズテクノロジーズは、0.1~3.5㎜ 厚に対応した最新の マッシュシームプ溶接機により、処理ラインの投資額に見合う優れたサービスを提供致します。

縦型または横型電解洗浄部

鋼板表面へのコーティング性能をよくするため、プロセステクノロジーを駆使した十分な洗浄を行うことにより油分および鉄粉を除去します。また、各種洗浄部デザインの改善(スプレー、「V」字形電解タンクおよび縦型電解タンク)により、電解洗浄部を利用して、お客様のユーティリティー消費を最適化し、無駄を削減に寄与します。

スキンパスミルおよびテンションレベラ

当社には、全用途に対応するスキンパスミルおよびテンションレベラがあります。400 ~ 1,500トンの圧延荷重能力のスキンミルスタンドは、2-Hi、4-Hiあるいは6-Hiのタイプがあり、用途には関係なく、ラインに最適な設備を提供します。

タレットタイプのサイドトリマー

焼鈍ライン専用の プライメタルズテクノロジーズのサイドトリマーは、タレットまたは単一ヘッドタイプがあり、DWA(Dynamic Width Adjysting)もしくはFWC (Flying Width Control)ダイレクト幅調節機能を有し、EdgeMonなどのオプションを追加することもできます。単一スタンドあるいはデュアルシフトスクラップチョッパーは、スクラップ詰まりの無いスクラップ処理を実現するよう設計製造されています。ロータ直径およびナイフ数を適切に設計することによりナイフ寿命を最長にすることが可能となります。サイドトリマーとスクラップチョッパーを一体に考えることが最適なスクラップ処理および不良率の低減を実現する上でカギとなります。

PropertyMon® –  インライン機械特性測定システム

プライメタルズテクノロジーズの連続焼鈍ライン用インラインおよびリアルタイム測定システムにより、システムを利用するお客様は、非破壊的な方法で、機械特性(引張および降伏強度)だけではなく、鋼材の磁性を確認することができます。特別なセンサーヘッド設計および関連する革新的信号処理が、最高の結果を実現します。

SIAS® – 自動表面検査システム

処理済み鋼板の欠陥のない表面状態を保証する最適ツール。SIAS は、例えば、ファインシルバ、ピンホール、スクラッチおよびコーティング欠陥等、深絞りにおける重大な欠陥を検出および特定します。アークスポット等の軽微な欠陥は、最大速度で検出することが可能です。連続焼鈍ラインとして、SIAS は、欠陥のある材料が電解メッキラインまたはその他下流のプロセスでさらに処理されるのを防ぎます。

TCO® –トータルコストオプティマイザー

TCOptimizer は、冶金工程全体の信号すべて(鋳造からプロセスまで)に注意し、装置の状態、プロセスおよび製品の品質に関する機能低下に対してジャストインタイムのアラームを発して、生産を安定させる手段です。TCOptimizer は、コスト削減のため、ユーティリティー(例. 炉の温度最適化によりガス消費の削減等)のより適切な管理ができます。

状態監視システム

焼鈍ラインのインライン測定システムでは、お客様は、非破壊的な方法で、機械特性(引張および降伏強度)を確認することができます。プロセスを効果的に最適化し、品質の保証を可能にします。時間を要する破壊検査と比べ、PropertyMon は製品を連続的に測定し、プロセスの偏差を示し、最終ユーザからのクレームを回避します。
 

    • 図1- 洗浄部
    • 図2- SIAS
    • 図3- DWA コンセプトによる中サイズトリマー ST21M


プラント生産性および製品の品質は、プラントオートメーション、プロセス制御および利用可能なプロセス最適化機能により大きく異なります。Primetals Technologies は、ライン全体での最終的プロセス条件と鋼片品質を保ち、過去10年以内に、世界で41の CAL 向けに EA ソリューションの提供に成功。  

スループットの最適化

  • 柔軟なコイルスケジューリングとコイル分割機能
  • インテリジェントルーパー充填戦略
  • 裁断プログラムの最適化
  • 速度最適化システム

インラインプロセス品質保険

  • 予防欠陥検証戦略による鋼片欠陥フォローアップ
  • 透明洗浄プロセス監視および制御
  • 裁断荷重による安定したプロセステンション制御
  • 高精度凹凸および伸長制御
  • 閉ループ平坦さ制御
  • 自動コイルテンション配分

最終製品の品質の認定 

  • プロセスデータ記録
  • 製品分類レポート

生産およびプラント条件監視 

  • プロセス設備条件監視 
  • ブライドルスリップ検出および予防制御
  • 高精度フライングシャー制御

統合プラント安全制御システム
 

連続焼鈍ライン向け統合型プラントおよびソリューション — 経験が物を言う

弊社のコンピタンシについての詳細は、以下のリンクからご覧ください:

    

参照例

ハイテクノロジにより自動車輸出市場および家電製品の高品質基準に対応

顧客
Tangshan Iron & Steel Corp.(中国・唐山)

プラントのタイプ
新しい連続焼鈍ライン  

ソリューション
連結酸洗ラインおよびタンデム冷間圧延ミル (PLTCM)、連続焼鈍ライン (CAL) および連続メッキライン (CGL)等、新型冷間圧延プラントにより、高強度の自動車鋼板および家電製品用の高度鋼材等級を生産します。