棒鋼ミル

棒鋼圧延機-棒鋼圧延機用ソリューションにより、高い耐用性および最大稼働率を実現

システムとコンポーネントは、高耐用性と最大作動アップタイムに対応し、生産性、公差、表面仕上げおよび冶金品質の個別要件を実現することを目的としています。

レッドリング圧延スタンドは、幅広い条件での使用に適しています。マルチスリット圧延方式と高速圧延技術により、鉄筋棒鋼の圧延に要求される高い生産性を、安全かつ効率的に実現します。「V+ コイラー」の組み合わせによるバーインコイル運転(棒鋼のコイル巻き込み)により、コンパクトで、ねじれのないバーコイルおよび凸状が成型されます。ステンレスを含む炭素と合金鋼に対して、熱機械圧延ならびに焼き入れ・焼き戻しに最新の冷却テクノロジーを適用し、棒鋼の歪みを制御します。「2+4 EVO」型レデューシング・サイジング圧延機は、SBQ棒鋼の寸法精度をさらに改善、金属組織の形成も改善されます。

 


プライメタルズ テクノロジーズは、6大陸に渡り1,000基以上の圧延ミルを納入、アップグレードしてきました。これらのミルは、技術の先進性、信頼性および性能において、世界的な評価基準となってきました。

第 5世代レッドリング

レッドリングハウジングレススタンドの設計は、粗圧延、中間および仕上げ圧延で高い評価を得ています。世界全体で 7,000 台以上が稼働し完全自動運転、高い剛性およびメンテナンスが容易な設計になっています。第5世代スタンドでは、主要コンポーネントの対摩耗抵抗も改善され、各種サイズや形状に対応できます。

ビレット、ブルームおよび大型丸鋼向け粗圧延ソリューション

粗圧延エリアは、最新ミルの生産柔軟性、レイアウトスペースの縮減、圧延前後の操業コストの最小化において重要な機能を担います。すべて、自動運転およびメンテナンス手順により、以下のいくつかの用途で利用できます。

  • 鍛造圧延。大寸法のインゴット鋳造プロセスに替わる費用効果。
  • コンパクトな粗圧延。限られたスペースで高圧下。
  • 高い柔軟性を持つ水平・垂直の可逆式2ハイスタンド圧延機
  • スライド式圧延スタンド。システム操作や関連土建作業の簡素化。

コンパクトカセット型圧延スタンド (CCR)

CCRスタンドは、特殊棒鋼圧延の要求に対応した圧延機です。非常に迅速ななカセット交換が出来る機械により、少量のビレット注文でも、柔軟かつ効率のよい生産が可能になります。1個または複数の孔型構成が可能で可逆圧延用ブロックでもとしても利用できる CCRスタンドは、スタンド上部からのアクセスが容易で、水平、垂直および 45°の各配置で利用することができます。コンパクトなデザインのため、据え付ける際に高い建屋は不要です。

「2+4 EVO」型レデューシング・サイジング圧延機

「2+4 EVO」型レデューシング・サイジング圧延機は特許取得のパスデザインを使用しています。高圧下対応の2ロールスタンド群に続いては、低圧下対応の4ロールスタンドによるサイジング群が配列されています。2ロールスタンドの高圧下により必要な冶金組織構造が保証され、4ロールスタンドによる低圧下では、優れた表面仕上げおよびサイズ許容差が実現されます。この2+4 EVO では、一系列製品の圧延およびフリーサイズ圧延の両コンセプトを効果的に利用するため、両者とも必要なロールセット数が抑えられます。このミルの稼働率と生産性は大幅に改善されます。

インライン冷却テクノロジー

最新のミルでは、プロセス制御の改善、不良製品の削減、運転コストの削減など、重要なメリットを得るために、圧延機による機械的変形作業にはインライン制御冷却技術が不可欠です。鉄筋棒鋼の焼入れから高品質棒鋼向けのサーモメカニカル圧延、およびステンレス等級のインライン固溶化熱処理まで、いくつかのソリューションを揃え、すべてが自動運転で実機で確認された熱冶金モデルにより支援されています。
 

    • 図1- 特殊鉄鋼用ブレイクダウンミル
    • 図2- コンパクトカセット型圧延スタンド
    • 図3- 「2+4 EVO」型レデューシング・サイジング圧延機


今日のお客様は、リーン生産方式の一方、オンタイムの納品とさらに厳しい製品要件の2つの課題に直面しています。条鋼圧延プラントの管理には毎日、操業と事業運営の継続的な最適化が求められます。

データ収集、通信、IoT(モノのインターネット)、制御技術やスマートセンサーなどテクノロジが常に進化する中で、利用可能な情報量はこれまで以上に拡大しています。この情報により、世界各地のプラントのパフォーマンスの監視、条鋼圧延ミルプラントの革新、およびバリューチェーン全体の最適化が両方進化し、あわせて最新の制御と駆動技術の利用により生産が改善され柔軟な生産を実現します。
 

条鋼圧延制御システムのデジタル化 – スマートセンサー


図1.- 長尺圧延制御システムのデジタル化用スマートセンサー
 

Primetals の長尺圧延プロセスエキスパート - 生産プロセス全体を透明化

「測定しないものは管理できない」 – Primetals Technologies の長尺圧延プロセスエキスパートは、原材料の段階から完成品まで、データを監視および収集します。この領域はさらに拡張され、統合基幹業務システム(ERP)から、製造実行システム(MES)、プラント装置レベルまでが対象となっています。


システムでは以下を実現します

  • オペレータおよび経営幹部向けの重要ミルレポート
  • プラントのパフォーマンスを査定する KPI (重要業務評価指標)の定義
  • 法人レベルのプラント間パフォーマンス
     
    • 図2.- の長尺圧延プロセスエキスパート

ライフサイクルサービス -パフォーマンスを改善しコストを抑制

単独でサービスとサポート – 迅速、熟練、信頼性

お客様のライフサイクルパートナーとして、当社は、総合的な運転サポートをご提供します。これにより、お客様の製銑、製鋼、圧延およびプロセス設備の運営を可能なかぎり最小コストでサポートします。当社のポートフォリオにはメンテナンスと修理サービスに加えて最高水準の品質で生産した正規メーカーコンポーネントの迅速な提供が含まれます、

当社では、メンテナンス組織をお客様顧客の組織に組み込み、これにより真のライフサイクルパートナーであることの意味を実証します。お客様と プライメタルズテクノロジーズ との間のウィン・ウィンな関係の結果、設備パフォーマンス、製品の品質および全体の所有コストが継続的に改善されます。 

当社のお客様は予期しないコンポーネントの故障が発生した場合、設備の場所に関わらず、迅速かつ簡単にサポートが受けられます。グローバルリソースと世界規模のサプライヤチェーンによりの、当社は最高品質の正規の予備品および消耗磨耗部品を適正な価格で速やかに、お客様にご提供します。当社には幅広い主要部品の在庫があり、迅速に提供することができます。



詳細はPrimetals Technologies の ライフサイクルサービスサイトをご覧ください 
 

棒鋼ミル用統合プラントおよびソリューション — 実績が物を言う

弊社のコンピタンシについての詳細は、以下のリンクからご覧ください:

    

参照例: 高品質な大型棒鋼

顧客
Hyundai Steel Company(韓国・唐津)

プラントのタイプ
主に自動車業界向け特殊鋼大型棒鋼ミル

技術データ
ビレットと最終製品 の年間生産量:百万トン

弊社のソリューション
最新の可逆ブレイクダウンスタンド仕上げミル。

実績
このミルは、自動車用途向けに幅広い高品質の製品を生産し、冶金、公差および表面仕上げについて お客様 の厳しい品質要件に対応しています。