伸銅冷間およびホイル圧延ミル

伸銅冷間およびホイル圧延ミル

UCMミルおよび X-ミルによる極薄ホイルの圧延。

伸銅冷間圧延およびホイル圧延に使用するミルは、生産する圧延プロセス、製品厚さおよび材料によって、数タイプのミルから選択されます。当社で一般的に採用するタイプのミルは 6Hi UCM-Mill ですが、これは薄いゲージの圧延に適しています。代替の X ミルは、極薄銅および銅合金ホイル圧延用のもう1つの一般的なミルタイプです。銅および銅合金の冷間圧延には、4Hi、6Hi、12Hi CRミルおよび 20Hi ZR クラスターミルも適用されます。

UCM -ミル

銅および銅合金用の UCM ミルは、WR ベンダー、中間ロール (IMR)ベンダー 、IMR シフトで構成される形状制御機能と組み合わせられた小径ロール (WR) が特長です。

UCM ミルによる優れた形状制御で、硬質で薄い材料の圧延が実現します。
さらに、ミル出口側には不良品ガードおよびエアワイピングシステムが装備され、高速圧延中にも適切なワイピング機能が実現されます。

 

X ミル

Sheetflat を使用したインテリジェント形状制御付きX ミルは、超薄ストラップ/ホイル圧延向けに設計されています。ロールはX構成で調節され、並列バックアップロールが WR 頂部下の接線で小径ロールの各側面を支え、水平屈曲を防止しています。これにより、安定した信頼の高い、薄ゲージ圧延が可能になります。


機能:

  • コンパクトでシンプルなミル構成
  • ミルサイズおよびレイアウトの最適化
  • 安定した圧延
  • 自動ミルセットアップ
  • 高速圧延
  • 最小のダウンタイム
  • 高品質な製品
     

テクノロジ:

  • 最適な統合制御
  • 自動形状制御
  • 自動ゲージ制御
  • 最適な統合制御システム
  • 最適なロールサイズおよびモーター出力
  • ロール交換時のホース接続が容易 
     


圧延されたアルミニウム製品の品質の継続的な改善は、ミルアップタイムと生産性に関する要望の高まりととともに、圧延ミル向け用途の開発と機能強化が大きな支えとなっています。技術制御およびプロセスモデルは、機械、電気、油圧およびその他制御済み設備を最大利用した、製品の品質の改善に向けた最新オートメーションコンセプトの中核をなすものです。 

  • 世界クラスの厚さおよび平坦許容差 
  • オフゲージ材料の低減 
  • 最大スループットおよび可用性
     

拡張可能な技術制御システム 

モジュラー型デザインと定義済みインターフェイスを含む、高標準化パッケージ 

  • 短納期 
  • 高速起動  
  • 高い製品の品質と最高収率
  • モジュラー型デザイン(新規いる、アップグレード、伸長と改修)
  • インダストリー 4.0 に即対応
     

統合デジタル駆動システム

は全容量の技術および診断性能を搭載し、高速マルチマイクロプロセッサを利用して駆動制御に対応します。柔軟な用途で、幅広い電力および電圧定格に対応します。 

 

技術制御およびプロセスモデルは、

技術制御システム (TCS) において、高標準化されています。利用可能な機能範囲には、高速スムース加速および最大スループット向け高精度ミルセットアップ用オンラインプロセスモデルが含まれます。ほかに、厚さ範囲と合金のすべてに対応する、関連するゲージおよび平坦さ制御アルゴリズムが含まれています。

Primetals Technologies は、世界クラスのアルミニウム生産者との協力により、世界各地でアルミニウム冷間ミルの自動化に成功。当社基準は、アルミニウム冷間圧延用の全ミルタイムに対応しています。

実績例: 高生産性の伸銅冷間圧延ミル

プラントのタイプ:
UCM ミルを特長とする逆冷間圧延ミル  

ソリューション:
プライメタルズテクノロジーズの優れたゲージおよび形状制御、高品質製品用 UCM ミル