最新情報

ニュース&プレスリリース


ロンドン, July 27, 2021

トルコ、カプタン社向け線材圧延機の上流設備を追加受注

  • トルコ、カプタン鉄鋼マルマラエレリシ工場向け線材圧延ラインを完成させる設備
  • より高品質な製品の生産能力を拡大
  • 国内外のエンジニアリングおよび自動車産業市場向け製品群を拡充
  • 線材圧延ラインの試運転は 2022 年半ばを予定

 

プライメタルズテクノロジーズ(Primetals Technologies)は、トルコ、カプタングループ傘下のカプ タン鉄鋼(以下、カプタン社)マルマラエレリシ工場向けに受注した線材圧延ラインを完成させる上流 圧延機を受注しました。この上流圧延機は、線材圧延機で加工する円形の原材(中間サイズ) を準備する もので、年間生産量は 65 万トンです。このラインから、炭素鋼、SBQ 鋼 , オーステナイト系ステンレ ス鋼等、付加価値の高い製品が国内外のエンジニアリングおよび自動車産業市場に投入されます。 ラインの試運転は 2022 年半ばの予定です。

 

上流圧延機の最大圧延能力は毎時 130 トンで、断面 130 mm 角・160 mm 角・200 mm 角、長さ 12 m のビレットを加工します。線材圧延機の圧延パス仕様に合わせ、原材の直径は約 17 mm ~ 33 mm とな ります。新設する上流圧延機のレイアウト、設備、プロセスは最適化され、将来追設される棒鋼圧延機 (直径 130 mm までの棒鋼製品を製造)にも適応し、カプタン社の設備を高品質なオーステナイト系ス テンレス鋼を加工する近代的複合ミルにします。

 

当社が供給する主な機械設備は、計量機、ビレット搬送システム、高水圧デスケーラー、粗・中間・仕 上げ前・仕上げにグループ化された Red Ring シリーズ 5 の圧延スタンド 20 基です。最後の圧延スタン ド8基はクイックチェンジ装置を搭載しています。クロップ&エマージェンシーシシャー5台の他、す べての補機設備も供給します。

 

また、電気関係の供給範囲は、メインおよび補助ドライブとモーター、新しい L 1 オートメーションシ ステム、既存の L 2 オートメーションと、中央およびローカルオペレータステーションへのインターフ ェイスを備えた HMI です。その他、操作部品、ガイド装置、スタンドのオフライン装置、メディアシス テム、他のコンポーネントのエンジニアリングサービス、据付けと試運転指導、トレーニングも担当し ます。

 

カプタングループは、鉄鋼生産、海運、港湾運営、輸送、エネルギー、採掘、リサイクリング、および 造船の各分野で事業を展開しています。1964 年に最初の圧延機によって生産を開始したカプタン鉄鋼 は、現在はマルマラエレリシ地区で操業を続けています。その製品は、ビレット鋼、異形棒鋼/丸棒、 角棒/等辺山形鋼/平鋼/形棒などであり、世界の 100 か国以上で使用されています。

 

Red Ring は、プライメタルズテクノロジーズの登録商標です。

プライメタルズテクノロジーズ製 Red Ring シリーズ 5 の圧延スタンド

 

プライメタルズ テクノロジーズ (Primetals Technologies, Limited)は本社を英国・ロンドンに置き、金属鉄鋼産業におけるエンジニアリン グ、プラント建設、およびライフサイクルサービスの提供を行うパイオニアかつ世界的リーダーです。当社は電機、オートメーション、デジタ ライゼーション、及び環境の総合ソリューションを含めた技術、製品、サービスの一式を提供しており、原材料から完成品まで鉄鋼のあらゆる 分野を網羅するだけでなく、非鉄分野でも最新の圧延ソリューションをお届けします。当社は三菱重工およびパートナーの出資によるグループ 会社で、従業員数は全世界で約 7,000 人です。詳しくは、下記 URL より当社公式ウェブサイトをご覧ください。

公式ウェブサイト:https://www.primetals.com/jp