最新情報

ニュース&プレスリリース


ロンドン, August 26, 2021

パキスタン、パクスティール向け棒鋼圧延機を受注

  • 地域インフラプロジェクトの成長市場でパクスティール社の存在を高める
  • 鉄筋年間生産量は 45 万トン
  • マルチスリットモードでの圧延で小径製品の生産効率が向上
  • 加熱後のビレットの直接圧延で燃料費を削減

 

プライメタルズ テクノロジーズ(Primetals Technologies)は、パキスタン、パクスティール社(Pak Steel)より、カイバル パクトゥンクワ州ハッタル経済特区(Hattar Special Economic Zone)に位置す る同社製鋼所向け棒鋼圧延機を受注しました。地域インフラプロジェクト成長市場における同社の存在 を高めるこの圧延機は、直径 8 mm~40 mm のコンクリート補強用鉄筋を年間 45 万トン生産します。 また、加熱された状態でビレットが圧延機に直接挿入されるため、消費エネルギーの大幅削減と一層高 い歩留まりを実現します。操業開始は 2022 年第 4 半期の予定です。

 

1949 年にラワルピンディで創業したパクスティール社は着実に成長を続けたパキスタンで有数の鉄鋼 会社であり、同族経営のファリド ホールディングス(Farid Holdings)の一社として、コンクリート補 強用鉄筋や軽量鉄骨の生産を担っています。パキスタンでは鉄筋のトップブランドである同社の年間生 産量が現在の 20 万トンから 45 万トン増えて 65 万トンになれば、同国で急増する鉄鋼需要に十分に応 じられることになります。ファリドホールディングスは、鉄鋼(ビレット、鉄筋、鉄骨)、ホスピタリ ティ、不動産、建設、エンジニアリング、物流の分野で事業を展開する多角的企業グループです。

 

本圧延機は加熱状態のビレットから直径 8 mm~40 mm の鉄筋を生産します。プラントの生産性を上げ るため、直径 10 mm~12 mm は 2 条スリットモード、直径 8 mm は 3 条スリットモードを使用します。 圧延ライン構成は、VHVHHV 配置の 6 スタンド粗圧延機 1 基、HVHVHV 配置の 6 スタンド中間圧延機 1基、HHHH 配置の 4 スタンド仕上げ圧延機 1 基で、16 台のスタンドすべてがハウジングのない Red Ring シリーズ 5 です。毎時最大 75 トンを圧延し、最大仕上げ圧延速度は毎秒 13 m です。

 

当社の先進のオートメーションによる高速圧延が、優れた延性と強度を持ち、DIN、ASTM、BSI、JIS などの国際規格に準拠する高品質棒鋼を製造します。下流工程の熱間分割せん断機は最適化システムを 装備しているため、冷却床の稼働率が最大となり、事前に設定したバンドルあたりの定尺棒鋼の結束段 数が確保できます。冷却床は長さ 54 m、幅 8 m ですが、長さは将来、66 m まで延長することができま す。固定式冷間分割せん断機により圧延された棒鋼の最終切断処理が行われ、自動で結束、秤量、ラベ リングが行われます。当社はまた、流体システムと、スタンバイ用 Red Ring スタンド、ガイド、ロー ルショップ用等機材のパーツも供給し、据付と試運転の指導も行います。


16 台のプライメタルズテクノロジーズ製ハウジングレス Red Ring シリーズ 5 がパクステ ィール社の新設棒鋼圧延機に導入予定

 

他言語(英語・ドイツ語・中国語・ポルトガル語・ロシア語)による(プレスリリース及び資料は、以 下の URL よりご覧になれます。 www.primetals.com/press/

プライメタルズ テクノロジーズ 公式ツイッター: twitter.com/primetals

プライメタルズ テクノロジーズ (Primetals Technologies, Limited)は本社を英国・ロンドンに置き、金属鉄鋼産業におけるエンジニアリン グ、プラント建設、およびライフサイクルサービスの提供を行うパイオニアかつ世界的リーダーです。当社は電機、オートメーション、デジタ ライゼーション、及び環境の総合ソリューションを含めた技術、製品、サービスの一式を提供しており、原材料から完成品まで鉄鋼のあらゆる 分野を網羅するだけでなく、非鉄分野でも最新の圧延ソリューションをお届けします。当社は三菱重工およびパートナーの出資によるグループ 会社で、従業員数は全世界で約 7,000 人です。詳しくは、下記 URL より当社公式ウェブサイトをご覧ください。 公式ウェブサイト: www.primetals.com.