最新情報

ニュース&プレスリリース


ロンドン, September 30, 2021

プライメタルズテクノロジーズとティッセンクルップが カーボンニュートラルへの革新的な高炉技術についての 協同態勢で合意

  • 高炉の効率向上とコスト削減
  • CO2排出量削減 
  • 迅速な投資回収 
  • 全世界での独占的協同契約

 

プライメタルズ テクノロジーズ(Primetals Technologies)とティッセンクルップ(thyssenkrupp)は 革新的な技術である「シーケンス インパルス プロセス(Sequence Impulse Process 以下、SIP)」の 市場投入を約束する、全世界を対象エリアとした独占的協同契約を締結しました。SIP はティッセンク ルップ マテリアルズ サービシズ(thyssenkrupp Materials Services)の子会社であるティッセンクルッ プ AT プロテック(thyssenkrupp AT.PRO tec)が開発した技術で、鋳造所のキューポラでの使用を目的 としています。この優れた実績ある技術の基本原理を高炉プロセスに応用しました。 ティッセンクルッ プ スチール ヨーロッパ(thyssenkrupp Steel Europe)はドイツ、デュースブルグにある同社のシュエ ガン(Schwelgern)製鉄所第 1 高炉に SIP のフルシステムを導入し、この技術のすばらしさを立証して います。

 

高炉に代替燃料(一般的には微粉炭)を熱風で吹き込むと、投入に必要なコークス比率を減らせるの で、高炉運転コストが削減されます。代替燃料の燃焼促進にはさらなる酸素富化が必要となります。高 炉の経済性を高める一方、多くのプロセスが必要となり、運用面での課題も数々出てきます。レースウ ェイの入口での局所的燃料燃焼はシェルへの熱負荷を増し、未燃焼物(チャー)が投入物に蓄積する可 能性があります。すると、ガスの流れや排湯性が妨げられ、最終的には炉の生産性が低下します。

 

SIP(特許取得済)は酸素富化を再利用し、一連の制御された高エネルギーパルスにより、レースウェ イでの局所濃度を高めます。その結果、燃料の燃焼と変換が改善し、ガスの流れと排湯性も改善しま す。しかも、酸素がより深く浸透するので、熱負荷は炉の中心ゾーンにより多くかかります。浸透性を 損ねたり、全体の圧力を低下させることなく、投入物内の小さいコークスの比率を上げることができま す。このような条件下であれば、プロセスの状態を悪化させることなく、コークスと噴射剤の置換量を 増やし、生産性を向上させることができます。

 

総燃料消費量が削減されるので、二酸化炭素排出量も削減されます。このように SIP 技術は、操業全体 において多面的にコストを大幅に削減するメリットをもたらし、高炉メーカーのカーボンニュートラル への取り組みを支援します。

 

「プライメタルズテクノロジーズは、この協同態勢を大変にありがたく思っています。当社のプラント 建設能力と高炉プロセスの知識と、ティッセンクルップの特に大型ユニットについての膨大な運用ノウ ハウが合わされば、完璧な協同態勢と言えます。両社はこれまで、お客様のカーボンニュートラルプラ ンを支援してきました。最終的には高炉にとって代わる新技術が現れます。しかし、それにはまだかな りの時間がかかります。今、世界中の鉄鋼メーカーにとってもっとも重要なことは、コストを削減し、 環境への負担を低減するようプロセスを改善することです。この技術開発は時代に即しているのみでは なく、両社の強みを活かして、お客様の期待にしっかりと応えるものなのです。」と、プライメタルズ テクノロジーズ U.K. 高炉部門責任者であるポール・フリーマン(Paul Freeman)は述べています。

 

ティッセンクルップ AT.PRO tec マネージング・ディレクター、イェルク・グレーブ(Jörg Glebe)氏 は「還元剤であるコークスと石炭の消費の削減は、効率向上、コストと CO2 の削減への大きなテコとな ります。昨年、ティッセンクルップ スチール ヨーロッパでの初導入に続き、プライメタルズテクノロ ジーズを当社の技術を市場に投入するパートナーとして迎えたことを大変に嬉しく思っています。」 と、述べています。

鋳造プラットフォーム上に設置された 40 台の酸素注入装置 (デュースブルグ高炉シ ュエガン製鉄所第 1 高炉) © thyssenkrupp

 

プライメタルズ テクノロジーズ 公式ツイッター: https://twitter.com/primetals

 

プライメタルズ テクノロジーズ (Primetals Technologies, Limited)は本社を英国・ロンドンに置き、金属鉄鋼産業におけるエンジニアリン グ、プラント建設、およびライフサイクルサービスの提供を行うパイオニアかつ世界的リーダーです。当社は電機、オートメーション、デジタ ライゼーション、及び環境の総合ソリューションを含めた技術、製品、サービスの一式を提供しており、原材料から完成品まで鉄鋼のあらゆる 分野を網羅するだけでなく、非鉄分野でも最新の圧延ソリューションをお届けします。当社は三菱重工およびパートナーの出資によるグループ 会社で、従業員数は全世界で約 7,000 人です。詳しくは、下記 URL より当社公式ウェブサイトをご覧ください。 公式ウェブサイト: www.primetals.com.

ティッセンクルップとティッセンクルップ マテリアルズ サービシズ

ティッセンクルップ(thyssenkrupp)は、工業事業・技術事業の企業からなる国際的グループです。グループは世界 60 ヵ国に広がり、2019 年~2020 年の会計年度にはグループ全体で 290 億ユーロの売上を上げています。確固としたブランドの下、同社の製品とサービスは、持続可 能なよりよい未来の創造に重大な貢献をしています。104,000 人の技術と決意が同社の成功を支えています。これからも同社は優れた技術と イノベーションをもってお客様と協力し、将来の課題に対する、コスト面でも資源面でも優れたソリューションを開発します。同社は業績と 社会的責任の両方を大切にしています。公式ウェブサイト www.thyssenkrupp.com

ティッセンクルップ マテリアルズ サービシズ(thyssenkrupp Materials Services)は、40 ヵ国以上に約 480 の拠点(そのうち 271 は倉庫) を持ち、原材料の流通・サービスを提供する西欧諸国で最大の独立した企業です。原材料の専門家が広くサービスを提供し、お客様はそれぞ れのコアビジネスにより集中することができます。また、同社のサービスは 2 つの戦略的分野に及びます。まず、鉄鋼、チューブ、パイプ、 非鉄金属、特殊材料からプラスチックや原材料までを扱うワンストップショップとしてのグローバルな材料流通です。そして、材料管理やサ プライチェーン・マネジメントでは、お客様ごとにサービスをカスタマイズしています。広範なオムニチャネルにより、世界中の 25 万社のお 客様に、15 万点以上の商品やサービスを 24 時間体制で提供しています。また、高性能なロジスティクスシステムで、すべての納入品がお客 様の生産工程にスムーズに組み込まれ、最適なタイミングで納品されます。公式ウェブサイトwww.thyssenkrupp-materials-services.com