最新情報

ニュース&プレスリリース


ロンドン2023年11月 08日

世界初の3ストランドスラブ連続鋳造機がCAPEXおよびOPEXの大幅削減を実現

  • プライメタルズ テクノロジーズ独自の3ストランドスラブ連続鋳造機が中国の鉄鋼メーカー、唐山東華鋼鉄で稼働開始
  • 2ストランド連鋳機と比べ生産能力が大幅に向上しながら、占有スペースは2ストランド連鋳機2基を設置する従来の構成の50%
  • 運転および整備コストを削減

プライメタルズ テクノロジーズ(Primetals Technologies)が、中国の鉄鋼メーカー、唐山東華鋼鉄企業集団(Tangshan Donghua Iron and Steel Enterprise Group)の河北省唐山市にあるプラントに納入した、世界初の3ストランドスラブ連続鋳造機が稼働を開始しました。当社は同時期に6基の連鋳機を稼働開始させており、これはそのうちの1基です。

この新しい3ストランド ソリューションの利点には、設置スペースが従来の2ストランド連鋳機2基の半分ですむことの他、設備と土木工事への支出削減、効率的な構成による運転と保守コストの削減があります。

一段階上の鋳造

3ストランド連鋳機は、鋳造プロセスのレベルを引き上げる技術を特徴としています。唐山東華鋼鉄は、テーラーメイドの超大型タンディッシュの剛性と、液状鋼の流れを最適化する方法を高く評価しています。ストレートカセットタイプの「Smart Mold」は、ストランドの最適な一次凝固を確実にします

「DynaFlex」油圧オシレーターが液状鋼の組成に合わせて鋳型の振動パラメーターを調整し、スラブのストランドと表面品質を向上させます。二次冷却の一部である「DynaJet」のスプレー冷却は、温度分布が均一であるため、コーナークラックが発生しません。

包括的なオートメーションパッケージ

3ストランド連鋳機は最先端のオートメーションパッケージを搭載しています。「DynaPhase」「Dynacs 3D」「DynaGap Soft Reduction 3D」は、動的二次冷却と軽圧下のパッケージです。これらの革新的技術は、熱力学的効果、オンライン化学組成、相転移などの多数のパラメータを考慮し、連続鋳造プロセスを大幅に改善します。さらに、レベル2パッケージは、より効果的な鋳造方法を開発するためのオフラインシミュレーション機能を備えています。自動モールドレベル制御システム「LevCon」は、オートスタート鋳造機能と自動バルジング変形抑制機能を備えています。「Mold Expert」はブレークアウトを防止し、モールドをリアルタイムでデジタルモニタリングします。

緊密な連携

中国トップ500企業の1つである唐山東華鋼鉄は、2009年に設立され、焼結、製銑、製鉄、熱間圧延、棒鋼および高級線材圧延など幅広い事業を展開しています。当社とは2017年より、鉄鋼メーカーの連続鋳造機向け冶金サービスとオフライン メンテナンスに関連するプロジェクトで協業しています。

プライメタルズ テクノロジーズによる世界初の3ストランドスラブ連続鋳造機が唐山東華鋼鉄で稼動開始

プライメタルズテクノロジーズPrimetals Technologiesは本社を英国・ロンドンに置き、金属鉄鋼産業におけるエンジニアリング、プラント建設、およびライフサイクルサービスの提供を行うパイオニアかつ世界的リーダーです。当社は電機、オートメーション、デジタライゼーション、及び環境の総合ソリューションを含めた技術、製品、サービスの一式を提供しており、原材料から完成品まで鉄鋼のあらゆる分野を網羅するだけでなく、非鉄分野でも最新の圧延ソリューションをお届けします。当社は、三菱重工グループの100%出資によるグループ会社で、従業員数は全世界で約7,000人です。詳しくは、下記URLより当社公式ウェブサイトをご覧ください。 

公式ウェブサイト:https://www.primetals.com/jp