最新情報

ニュース&プレスリリース


London, April 27, 2021

パキスタン、Amreli Steel向け棒鋼圧延機完工

  • 国際規格の鉄筋および丸棒を生産
  • 年間生産能力40万トン
  • パキスタンの増加する建設用需要に対応

 

プライメタルズテクノロジーズは、パキスタンのカラチに本社を置く鉄鋼メーカー、Amreli Steels社向け棒鋼圧延機工事を完工し、最終検収書を受領しました。この圧延機はAmreli Steels社のそれまでの生産量の2倍である年間約40万トンの鉄筋および丸棒を製造し、増加するパキスタンの建設用需要に理想的に対応します。完成品はパキスタン国内および国際規格を満たすものです。

 

Amreli Steels社はパキスタンにおける鉄筋生産のリーディングカンパニーであり、年間鉄筋生産能力は20万トンでした。パキスタンではインフラ整備、住宅、商業施設の工事計画が多数進められていますが、同国の鉄鋼産業の現状ではその需要に応じきれません。Amreli Steels社は供給の不足分を埋めるべくこの拡張プロジェクトに着手し、開発計画が進められるよう生産能力を増強しました。

 

当社の新しい棒鋼圧延機の生産能力は年間40万トンです。最高圧延速度13メートル/秒で1時間当たり最大75トンの棒鋼を圧延します。断面150×150ミリメートル、長さ12メートル、重量2080キログラムのビレットを直径8ミリから40ミリの鉄筋に加工します。本機の生産性は、直径8~10ミリメートルの4スリットモード、直径8~14ミリメートルの2スリットモード時に最大となります。

 

当社は本機を設計し、再熱炉のビレット送出装置に始まる処理設備を納入しました。棒鋼圧延機は、VHVHVH 配置(V: 垂直、H: 水平) の粗圧延機、HVHVHV配置の中間圧延機、およびHVHHHH 配置の仕上げ圧延機から構成され、これらはそれぞれに6 基の第5 世代Red Ring スタンドを装備しています。他に納入したものは、高温クロッピング 、非常用シャー(せん断機)、仕上げ圧延機の最終スタンドの下流に据え付ける熱処理用インライン冷却システム(PQS: Pomini急冷システム)、冷却床前のピンチロールおよび分割シャー(せん断機)、冷間分割シャーおよび鋼棒の計数・結束・重量の計測・ラベル付け用の機器、ガイド、潤滑油および油圧システム、基本的オートメーション、モーター、ドライブ、無停電電源装置です。お客様の建設、試運転のサポートも行いました。

プライメタルズテクノロジーズがパキスタン、Amreli Steels社に納入した新しい棒鋼圧延機での4スリット圧延

                  

プライメタルズテクノロジーズ (Primetals Technologies, Limited)は本社を英国・ロンドンに置き、金属鉄鋼産業におけるエンジニアリング、プラント建設、およびライフサイクルサービスの提供を行うパイオニアかつ世界的リーダーです。当社は電機、オートメーション、デジタライゼーション、及び環境の総合ソリューションを含めた技術、製品、サービスの一式を提供しており、原材料から完成品まで鉄鋼のあらゆる分野を網羅するだけでなく、非鉄分野でも最新の圧延ソリューションをお届けします。当社は三菱重工およびパートナーの出資によるグループ会社で、従業員数は全世界で約7,000人です。詳しくは、下記URLより当社公式ウェブサイトをご覧ください。 

公式ウェブサイト:https://www.primetals.com/jp