最新情報

ニュース&プレスリリース


ロンドン、, March 18, 2021

ウクライナのMMKI社向けダウンコイラーが稼働開始

  • ダウンコイラーを新設
  • 製品範囲の拡大
  • 対応コイル重量を32トンまで増大し、生産性が向上

 

プライメタルズテクノロジーズ(Primetals Technologies)は、ウクライナの鉄鋼メーカーであるPJSCマリウポリ・イリッチ製鉄所(PJSC  Ilyich Iron and Steel Works of Mariupol、以下 MMKI社)向けに納入したダウンコイラーの最終検収書(FAC)を受領しました。この油圧式ダウンコイラーによりMMKI社は巻取りの形状と密度を改善し、製品範囲を拡大しました。コイルの最大重量は27トンから32トン、板厚は8mmから16mmに増大、降伏強度は400Mpaです。将来的には製品範囲を高張力鋼種とガス・石油産業向け鋼種にも拡大するものです。

 

当社は基本及び詳細設計、新しいキャリーオーバーテーブル、サイドガイド、ピンチロール、ダウンコイラー、搬送台車について、レベル1オードメーションを含む機電品一式の供給、据付及び試運転の指導、操業及び保全のトレーニングを担当しました。

 

MMKI社はメトインベスト社のグループ会社であり、ウクライナ最大規模の鉄鋼メーカーです。本プロジェクトは長年にわたり良好なパートナーシップを続けている当社とメトインベスト社にとって、2018年のNo.4連鋳機納入と2020年の熱間粗・仕上げ圧延機の大がかりなアップグレードに続く、メトインベスト社工場の競争力を向上させるマイルストーンでした。圧延機の年間生産量は250万トンで、投入されるスラブ厚は 170 mm から250 mm、生産される鋼板の板厚は1.2 mmから16 mmです。

 

同社は、多くの用途向け炭素鋼、低合金鋼、合金鋼鋼種を生産しており、製品群にはパイプライン用、造船用、圧力容器用や建設産業用の厚板や熱間・冷間鋼板とコイルも含まれます。ウクライナで最大の冷間圧延亜鉛メッキ鋼板メーカ-―でもあります。
 

マリウポリ・イリッチ製鉄所熱間圧延設備1700に新設されたダウンコイラー

 

プライメタルズテクノロジーズ (Primetals Technologies, Limited)は本社を英国・ロンドンに置き、金属鉄鋼産業におけるエンジニアリング、プラント建設、およびライフサイクルサービスの提供を行うパイオニアかつ世界的リーダーです。当社は電機、オートメーション、デジタライゼーション、及び環境の総合ソリューションを含めた技術、製品、サービスの一式を提供しており、原材料から完成品まで鉄鋼のあらゆる分野を網羅するだけでなく、非鉄分野でも最新の圧延ソリューションをお届けします。当社は三菱重工およびパートナーの出資によるグループ会社で、従業員数は全世界で約7,000人です。詳しくは、下記URLより当社公式ウェブサイトをご覧ください。 

公式ウェブサイト:https://www.primetals.com/jp