最新情報

ニュース&プレスリリース


London, 11月 03, 2015

Primetals Technologies、独 HKM 社の LD(BOF)転炉の 近代化工事を受注

  • 転炉に新型トラニオンリングを装備
  • 転炉のチルト駆動装置をオーバーホール
  • 転炉の長寿命化と稼働率の向上を実現

 

Primetals Technologies は、ヒュッテンベルケ・クルップ・マンネスマン(HKM)社が保有するドイ ツ・デュースブルク工場の第 2 LD(BOF)転炉の近代化工事を受注しました。今回の工事で転炉に新型 トラニオンリングを取り付けるほか、チルト駆動装置の近代化を実施することで、転炉を長寿命化し、 稼働率を向上させます。本プロジェクトはブッヒンゲル アンラーゲン・シュタール・ロールバウ社と のコンソーシアムにより実現。受注金額は数百万ユーロに上り、2016 年 10 月に運転開始予定です。

 

同社は、デュースブルクのフッキンゲンに港湾設備、焼結装置、コークス炉、2 基の高炉および 2 基の LD 転炉(BOF)で構成されるドイツ有数の一貫製鉄所を保有。製鋼設備としては、2 基の丸棒連続鋳造 機と 3 基のスラブ連続鋳造機が設置されています。同製鉄所は毎年 1,000 種類を超える鋼種を生産。粗 鋼生産量はドイツ全体の約 12 パーセントを占め、年間生産能力は約 560 万トンに上ります。

 

当社は近代化工事の詳細なエンジニアリングをはじめ、転炉のチルト駆動装置のオーバーホール、耐用 年数 30 年の欧州メーカー製トラニオンリングの供給も担当します。さらに、ブルギア、ピニオンドラ イブシャフト、ギアベアリングの交換に加え、据付、設備の再稼働および試運転を指揮・管理します。

 

 
既存の LD(BOF)転炉に装着する、当社の新型トラニオンリングのコンピ ュータアニメーション画像

 

 

Primetals Technologies, Limited は本社を英国、ロンドンに置き、金属鉄鋼産業にとって、エンジニアリングやプラント建設全般の、世界的 リーダーかつライフサイクル・パートナーです。当社は電機、オートメーション及び環境の総合ソリューションを含めた技術、製品、サービス の一式を提供します。鉄鋼のあらゆる分野を網羅するだけでなく、非鉄分野部門にも最新の圧延ソリューションをお届けします。当社は三菱重 工グループで、株式会社日立製作所、並びに株式会社 IHI が資本参加している三菱日立製鉄機械と、シーメンス・グループのシーメンス VAI メ タルズテクノロジーズ社の合併により発足しました。出資比率は三菱日立製鉄機械が 51%、シーメンスが 49%です。発足時の従業員数は全世界 で約 9,000 人。詳しくは、下記 URL より当社公式ウェブサイトをご覧ください。 公式ウェブサイト:www.primetals.com

Primetals Technologies, Limited, headquartered in London, United Kingdom, is a pioneer and world leader in the fields of engineering, plant building, and the provision of lifecycle services for the metals industry. The company offers a complete technology, product, and services portfolio that includes integrated electrics and automation, digitalization, and environmental solutions. This covers every step of the iron and steel production chain—from the raw materials to the finished product—and includes the latest rolling solutions for the nonferrous metals sector. Primetals Technologies is a joint venture of Mitsubishi Heavy Industries and partners, with around 7,000 employees worldwide. To learn more about Primetals Technologies, visit the company website www.primetals.com.