鉄鉱石の選鉱

鉄鉱石の選鉱 - 天然資源を価値ある製品に

選鉱は効率的かつ持続可能な製鉄の要であり、鉄鋼生産チェーンへの高品質な原料供給に不可欠です。

世界中の製鉄・製鋼ビジネスのライフサイクルパートナーとして プライメタルズ テクノロジーズは、鉄鉱石の選鉱、尾鉱管理および処理向けの専門的なソリューションを提供します。 製鉄・製鋼技術の下流工程に関する幅広い知識と、多くの著名研究機関や大学とのネットワークを持つ当社は、独自の視点で冶金プロセスを見渡し、CAPEX、OPEX、製品品質の面で、お客様のバリューチェーンを全体にわたって最適化することが可能です。 当社のアプリケーションは、エコロジカルフットプリント、持続可能性、高度な自動化、プロセス機器の選択における独立性などを大切にしています。

投資プロジェクト - 最適なプラント構成と包括的なサービスの提案

プライメタルズ テクノロジーズは高い費用対効果を保ち、スケジュールを順守するプロジェクト遂行で知られています。 小規模な設備更新向けから大規模な投資プロジェクト向けまで、当社のソリューションは、プロセス開発、エンジニアリング、あらゆるメーカーからの機器調達、建設工事を円滑に行うための現地サービスなど、すべての面をカバーしています。。 幅広い品種の鉄鉱石に関する豊富な知識と、製鉄・製鋼に関する総合的な専門知識をもって、当社はお客様の鉱物処理プラントの将来を確かなものにします。 最高水準の自動化とデジタル化は、安定した操業とプラント生産性最大化に貢献します。 自動化コンセプトは、選鉱プラント、 ペレタイジングプラント焼結プラント を調和する、合理的なひとつのプラントとして連携させ、機能させます。

 

Debug: 4

尾鉱の再選鉱 – 廃棄物を貴重な資源に変えるモジュール式コンセプト 

選鉱で出る尾鉱は、原料となり得る貴重な資源です。 プライメタルズテクノロジーズによるモジュール式コンセプトの尾鉱再選鉱により、環境保護と企業責任に対する今日の要求を満たしながら、安全衛星の面においても最高基準を達成します。 このコンセプトに基づくシステムは、既設選鉱プラントの廃液と尾鉱ダムから、鉄分を含む貴重な資源を回収します。​ 回収されなかった尾鉱はドライスタックや採鉱場の埋め戻しに使用できます。 モジュール式コンセプトの尾鉱再選鉱は、原料の品質に合わせて設計され、市場の要求に応える製品を製造します。 プライメタルズ テクノロジーズが提供する革新的な一括事業請負後譲渡方式 (BOOT)では、当社がプラントの立上げおよび運転を行うため、プラント導入のための投資が不要になります。 尾鉱処理は有償で行い、回収した貴重な鉄鉱石精鉱は採鉱場に戻して使用するか、売却します。

コンセプト:

  • 化学、物理、鉱物分析に基づき尾鉱を回収、選鉱や脱水に使用可能であるかを調査
  • 使用可能な尾鉱は、選鉱試験施設において、ラボスケールとパイロットプラントスケールの両方でさらに調査
  • 一括事業請負後譲渡方式 (BOOT)での尾鉱再選鉱の採用も可能 投資プロジェクトとしてのプラント利用も可能

 

ハイブリッド浮選技術 - 拡張回収で超微粒鉄粉を処理

ハイブリッド浮選技術は、超微粒鉄粉と利用困難な粒子とを分離する際に生じる問題に対応するために開発されました。 プライメタルズ テクノロジーズが開発したハイブリッド浮選セルは、空気吹込浮選方式とカラム浮選方式を組み合わせたものです。 フィードスラリーと浮選ガスは、インジェクターシステムの乱流領域で効果的に混合され、浮選セルに接線方向に沿って流入します。 これにより、超微粒粉と気泡の接触回数が増え回収率が最適化されるため、歩留まりが向上します。 さらに、当社独自のハイブリッド設計が備えるカラム部で粒子の2回目の清掃浮選工程が確保され、回収率の向上に寄与しています。 当社のハイブリッド浮選セルにはインペラーを使用しないため、ローターやステーターの摩擦や摩耗が生じない特徴があります。 エネルギー消費が少なく、メンテナンスもあまり必要ないため、操業コストが低く抑えられます。

Debug: 4

プロセスとプラント開発 - 多種多様な原料から最適化された製品まで

複雑な鉱石、鉱物相のより微細なつながり、混入不純物などの扱いにはプロセスと原料についての専門知識が必要です。 鉱物学的特性評価、ラボ試験、プロセスシミュレーションなど、プライメタルズ テクノロジーズは、直接還元(DRI)の要件に特に重点を置きながら、最高レベルの鉄鉱石精鉱を生産する選鉱プロセスをお客様のご要望に応じて用意します。

プライメタルズ テクノロジーズは、原料と製品について業界トップの専門知識とサービスを提供します。

原料評価
冶金プロセスの専門知識に基づき、原料の有用性を独自に評価 最最適な選鉱プロセスを見つけ出し、既存プロセスの改善を提案

ラボ試験とパイロットプラント試験
世界的に著名な研究所、研究機関、大学と密接に連携し、小規模から大規模な選鉱試験を実施します。

プロセスとプラント調査
冶金、エンジニアリング、オペレーション、オートメーションなどの専門家が、改善の可能性を探るために現在の生産工程を現地で調査します。

プロセスシミュレーション
マスバランスと現在および将来の操業パターンにおけるシミュレーションを、生産ルート全体に拡張して行うことができます。 プライメタルズ テクノロジーズが開発したシミュレーションツール m.simtopは、各生産工程のシミュレーションモデルを搭載しており、原料の選定から始めることが可能です。

CAPEX と OPEX の調査
当社は、現在市場にある選鉱装置の中から、技術面、経済面の双方でお客様のご要望に最もふさわしいものを客観的に選択・評価します。

Debug: 4

導入事例:年間生産量600万トンのペレタイジングプラント用鉄鉱石精鉱の調製

プラントのタイプ: 鉄鉱石選鉱プラント 
顧客Stoylensky GOK(ロシア、スタールイオスコル)

ペレットの水分含有量を最適化し最高スループットを実現
CIS地域で最も近代的な鉄鉱石ペレタイジング設備のサプライヤーとして、プライメタルズ テクノロジーズは、ペレタイジングプラントが求める最適な製品品質を実現するために、原料を処理する先進のプロセスソリューションを提供しました。

濃縮器でスラリーを受け取った後、シームレスで環境負荷の少ないペレタイジングプロセスのための鉄鉱石精鉱をいかに作るかが課題でした。

最適な水分量と原料の均一性、そして一定かつ均等に原料を供給することも重要な要素でした。

先進的な高圧フィルターの導入により、原料特性と工場内物流が最適化され、下流のペレタイジング工程に高品質の原料が供給されるようになりました。

車輛からの荷下ろし、中間保管、および予備乾燥と粉砕を含め、ベントナイトの継続した供給と準備も 当社が担当しました。 縦型乾式粉砕機と高温ガス注入の制御により、十分な量のベントナイトが調製され、ペレタイジング工程に適した一定の品質パラメータが確保されます。

また、共同プロジェクトのリーダーとして、給排水系統のエンジニアリング、供給、試運転と、電力供給、原料供給、製品サンプリング、製品保管、車輛積載設備も担当しました。 ペレット生産量は、プラント稼働1年目で設計生産量を達成しました。

Debug: 4