最新情報

ニュース&プレスリリース


London, 8月 25, 2022

ザルツギッターのグリーンチールプログラムの一環として電気炉大型案件を受注

  • ザルツギッター向けに年間生産量190万トンの電気炉「アルティメット」を受注
  • グリーン・スチール生産の長期目標への重要な一歩
  • 2025年末の運転開始を予定

プライメタルズ テクノロジーズ(Primetals Technologies)は、ドイツの鉄鋼メーカー、ザルツギッター(Salzgitter)向けに出鋼量220トン、年間生産量190万トンの電気炉「アルティメット」を受注しました。運転開始は2025年末を予定しています。

世界最大規模のグリーンスチールプログラム

ザルツギッターは、鉄鋼セクターにおける世界有数の変革プログラムに投資しています。同社のこの「低CO2製鉄(Salzgitter Low CO2 Steelmaking、略称 SALCOS)プロジェクト」は、既存の一貫製鉄所を2033年までに3段階でグリーンスチール生産に転換することを目的としています。その一環として、2基の直接還元プラントと3基の電気炉を建設し、既存の高炉と転炉を順次置き換えていきます。このたび当社が受注した電気炉1基は、その第1段階となります。

ザルツギッター鉄鋼生産責任者 Ulrich Grethe氏談

「この最初の電気炉1基は、鉄鋼業界の脱炭素化におけるリーダーであり続け、将来に向けてザルツギッターの拠点を永続的に発展させるという我が社の決意を明確に表明する第1歩です。」

最近の電気炉導入事例

ザルツギッターが当社を電気炉サプライヤーとして選んだ背景には、複数の電気炉プロジェクトで成功していること、周辺設備も含め関連技術での電力および化学品消費量の少なさ、プロジェクト管理能力が主にあります。供給範囲は、エンジニアリング、設備機器供給、建設です。

当社EVP兼上流設備責任者 Aashish Gupta氏談

「当社は高効率の電気炉でザルツギッターの脱炭素化プロジェクトを支援できることを嬉しく思います。当社のグリーンスチール技術が低CO2の鉄鋼生産を可能にします。」

特長

電気炉「アルティメット」は、プライメタルズ テクノロジーズの新世代型電気製鋼設備の一つです。出鋼間隔が短く、完全自動運転で、高度な制御システムを備えています。ザルツギッター向けの電気炉は、ダスト除去システム、熱回収システム、水分管理システム、グリッド安定化のための電気的コンペンセーター、合金原材料や添加物のハンドリングシステムを装備しており、レベル1およびレベル2の自動化、LiquiRobロボットシステムも搭載される予定です。

熱回収システムは、廃熱の多くを蒸気に変換し、他の生産設備で使用できるようにします。広範なデジタル化パッケージの一部である状態監視システム「ALEX」は、起こり得る事故を事前に察知し、予防します。Lomas排ガス分析システムは、排ガス組成の関連値をすべて決定し、より高い稼働率、エネルギー消費の削減、安全対策の向上を実現します。

CO2排出量の大幅な削減

SALCOSは、石炭を原料とする製鉄プロセスを、水素を原料とする新技術と置き換えるプロジェクトです。年間約800万トンのCO2排出量を約95%削減できると期待されています。ドイツを代表する鉄鋼およびテクノロジーグループの一つであるザルツギッターは、年間粗鋼生産能力700万トンを誇ります。同グループは、国内外に150の子会社および関連会社を擁し、全世界で25,000人を雇用しています。

SALCOSは、ザルツギッターの登録商標です。

契約調印式に出席したザルツギッターとプライメタルズ テクノロジーズの代表者

左から  

ザルツギッター フラッハシュタール マネージング ディレクター Alexander Stein氏

ザルツギッター製銑・製鋼責任者 Ulrich Grethe氏

プライメタルズ テクノロジーズ EVP Aashish Gupta氏

プライメタルズ テクノロジーズ SVP Jan Friedemann Plaul博士

プライメタルズテクノロジーズPrimetals Technologiesは本社を英国・ロンドンに置き、金属鉄鋼産業におけるエンジニアリング、プラント建設、およびライフサイクルサービスの提供を行うパイオニアかつ世界的リーダーです。当社は電機、オートメーション、デジタライゼーション、及び環境の総合ソリューションを含めた技術、製品、サービスの一式を提供しており、原材料から完成品まで鉄鋼のあらゆる分野を網羅するだけでなく、非鉄分野でも最新の圧延ソリューションをお届けします。当社は三菱重工およびパートナーの出資によるグループ会社で、従業員数は全世界で約7,000人です。詳しくは、下記URLより当社公式ウェブサイトをご覧ください。 

公式ウェブサイト: www.primetals.com.