[Translate to Japanese:] Digital Unity

デジタルユニティ

デジタルユニティ

生産同期で製鉄所の可能性を最大限に引き出す

スマートセンサー、自動機能、サイバーフィジカルシステムが生産設備をデジタル化します。 プラント機器の接続性とそこで働く人々が直面する日々の問題のデータベースによる解決支援は、金属生産産業の未来を形作る重要な要素です。 デジタルユニティ は、生産、品質、メンテナンスという 3 つの主要プロセスから得られたデータを統合する、デジタル化主導のコンセプトです。 これは、3つのデジタルソフトウェアサービス: 生産管理システム(PMS)、スループロセスオプティマイゼーション(TPO)、およびメンテナンスアセットテクノロジー(MAT) で構成されています。

生産管理システム(PMS) — ビジネスプロセスの統合

生産管理システム (PMS) により、ビジネスプロセス全体の水平および垂直統合が可能になります。 次のようなさまざまな生産計画プロセスをカバーするモジュールが一式含まれています。

  • 需要予測と販売計画
  • 生産フローと生産順の検討
  • オーダーとラインのスケジューリング
  • マテリアルプランニング

企業内におけるオーダーの生成、複数のオーダーの組み合わせ、フルフィルメントトラッキング(受注から納入までの過程の追跡)などの生産オーダーのライフサイクル管理は、スケジュール実行管理機能と連携して、すべての生産活動を監視し管理します。 製品の廃棄、製品の外れ管理、およびスループロセス品質管理により、製品の品質を詳細に特定し、製品の欠陥を管理することができます。 最後に、ロジスティクスが、すべての材料の輸送と在庫を最適化するシステムを完成させます。

生産プロセスをダイナミックに計画、および追跡することにより、生産プロセスを通してすべての生産設備を最適化します。 お客様のご要望をいただいて、各種金属製品ごとの広範なアプリケーション知識を用いて、生産プロセスの経路全体の中の各プロセスごとの指示に変換することができます。 生産管理システム(PMS)は、生産性を最適化し、お客様の取引先からの要求に柔軟に応じながら、製品の品質を守ります。

当社の生産管理ソリューションは、鉄鋼金属業界に特化したモジュールを提供する包括的なソフトウェア群であるPSImetalsをベースにしています。 このシステムの実績は、世界中の多くの製鉄所で高く評価されています。 PMSは、お客様の生産設備をインダストリー4.0の「スマートファクトリー」として操業することを支援する、高度なコンフィギュレーションが可能なソリューションです。

Debug: 4

スループロセスオプティマイゼーション(TPO) — 相互接続されたオペレーショナルエクセレンス

プライメタルズ テクノロジーズのスループロセスオプティマイゼーション(TPO)は、鉄鋼生産チェーンを補完し、ITプラットフォームの機能を進歩させ、ビジネス上の究極の優位性をもたらす相互接続型ソリューションです。 TPOはノウハウが組み込まれたモニタリングや、プロセス・製品の品質管理を可能にし、コミュニケーションや情報交換の改善とスピードアップを図ります。

スループロセスクオリティコントロール(TPQC)とスマートサービスは、TPOの中において、互いに補完しあう2つの独立したシステムです。 TPOは新世代の鉄鋼金属生産ツールです。

 

大きな構想、小さな着手

溶鋼の段階から最終製品のラインに至るまで、あらゆる生産設備の性能、効率、品質を向上させます。 TPOは拡張性が大変高く、柔軟性に富んでいます。 含まれる機能の数、TPOに統合する生産設備の数、およびサービスの範囲は、ニーズに合わせての調整が可能です。

  • データ:包括的な品質データの収集と視覚化
  • スループロセスクオリティコントロール(TPQC):ノウハウに基づく統合品質管理システム
  • サービス:ノウハウ移植など充実したサービス

 

利点

  • 利益と成長性の拡大
  • 生産設備の性能をより効率的に発揮
  • 生産チェーンの透明性とトレーサビリティ
  • 生産プロセスのデータからのリアルタイムの意思決定支援
  • 1年未満で投資回収

 

Debug: 4

メンテナンスアセットテクノロジー(MAT) — 一線を画すワンランク上のメンテナンス

メンテナンスアセットテクノロジー(MAT)は、まったく新しい方法でメンテナンスの管理と作業をサポートし、プラントの潜在能力を最大限に引き出すため、効率、生産性、収益性と同時にメンテナンスの質と完成度も向上します。

MATは、プライメタルズ テクノロジーズのデジタルユニティの中核として、鉄鋼金属産業向けに設計された複数のソフトウェアシステムとシームレスに連動し、すべてのメンテナンス作業を一元化します。

MATには鉄鋼金属業界向けノウハウもあらかじめ設定されており、機器の評価や保全計画立案、アラーム発報時の対応手順、文書化、チェックリストなど、すべての必須機能が搭載されています。また、高度なカスタマイズも可能です。

 

MATがプラントの可能性を最大限に引き出します。

  • アセットトラッキング:コンポーネント部品の履歴に即時アクセス
  • 高度なスケジューリング: 作業の割当て、人員と備品の管理
  • 作業指示書のトラッキング: 作業の進捗状況を追跡するためのグラフィカルサポートツール
  • KPIダッシュボード:自動レポート生成により、データに基づく意志決定をサポート
  • ポータブル: オンサイトでもオフラインでもタブレットで実行できます。
  • 鉄鋼金属業界向けノウハウ:鉄鋼金属業界に合わせたメンテナンスノウハウ

 

Debug: 4

導入事例:中国初のスループロセスオプティマイゼーション(スループロセスの最適化)プロジェクト

顧客
HBISグループ 唐山鋼鉄(中国)

プロジェクト内容
製鋼から焼鈍・亜鉛メッキラインまで、すべてのプロセスをカバーするスループロセスおプチティマイゼーション(TPO)

 

当社ソリューション
唐山鋼鉄の冷延ライン新設受注に伴い、AHSSや高級鋼種を効率的に生産するPOパッケージを提供しました。 新開発のTPQCシステムは、上流設備(製鋼、熱延)と、PLTCM、CAL、CGLの3基からなる新CRMコンプレックスに導入されました。 当社は、最高品質の製品を生産するために、インテリジェントルール、主要な性能を評価する指標、統計的生産プロセス管理を導入しました。 また、品質管理、保守管理、製品開発、日常業務のための研修も数多く実施しています。