溶銑前処理

溶銑前処理 — 溶銑解析値の管理により最高の鉄鋼清浄度を保証

プライメタルズテクノロジーズは、溶銑前処理に関するあらゆる技術およびソリューションを提供し、S(硫黄)、P (燐)などの不純物レベルを常に低く抑え、もっとも厳しい品質要件に対応します。

転炉の生産性を最大限に高めて2次精錬コストを抑えるためには、製鋼段階に先立ち、溶銑を慎重に準備することが重要です。プライメタルズテクノロジーズが提供するソリューションには、硫黄、シリコン、リンの除去、およびバナジウム、クロム、チタン、マンガン含有量を低減する特殊プロセスが含まれています。


鋼材メーカーは現在、原材料の入手量が減少する中で、最終製品の品質要求が高まるという課題に直面しています。例えば鋼材の靱性破壊強度は、鋼材中の硫黄やリンの含有量削減により、ここ数十年継続的に上げられてきています。リン含有量の高い鉄鉱は、リン含有量が低い高品質の鉄鉱石と比べて価格が低く、高品質の鉱石と比較して経済的なメリットが大きく、硫黄含有量が高い石炭にも同じことがいえます。 これらの課題に対応するため、溶銑処理プロセスが開発されました。基本的な原理は、溶銑を転炉に投入する前に溶銑から不要な成分を除去することです。ここでもっとも重要なのは、リンおよび硫黄の除去であり、比較的に重要度が低いのはバナジウムとチタンです。溶銑処理は、製鉄プロセス全体の中で、さらに個別のプロセスステップに分割できます。これらのステップは比較的単純で管理もしやすく、鋼材生産プロセスがよりロバストになります。 プライメタルズテクノロジーズ では、これまで継続的にソリューションを開発および改善し、現在では、溶銑処理に関する幅広い製品群をそろえています。例えば、混銑車の中で処理するための脱硫ソリューション、単射または共射出を使用した取鍋の脱硫、KRプロセスで攪拌機を使用した機械的混合ソリューションを提供可能です。リン酸除去処理では、取鍋または転換炉中でのソリューションを開発し、数ヵ所のプラントで実装に成功しています。
 

    • 図1- 溶銑脱硫スタンド
    • 図2- 共射出用の高精度投与
    • 図3- De-P 転炉への投入


溶銑脱硫ステーション向けの当社の包括的プロセス制御および最適化システムは、脱硫プロセスを最適レベルまで改善します。その結果、個別の溶銑条件、対象の鋼材要件および生産状況を考慮し、最大限のコスト削減および柔軟性を確保できます。

基本オートメーション

フェールセーフ環境とあわせて、強力な管理システムが最高レベルの安全性を実現します。実証済みのセンサーおよび運転機器の利用によって、円滑かつ信頼できる自動脱硫プロセスを可能にします。収集された重要な状態信号はすべて、当社の新しいマンマシンインタフェース(HMI)システムで監視され、容易かつ体系的な運転をサポートします。

プロセス最適化

脱硫プロセスのインテリジェント制御は、ダイナミックプロセスモデルを利用して実施します。予測モデルは、プロセス全体を予測し、必要な脱硫用薬剤量、フローレート、射出材料間の最適比および最適な射出タイプを予測します。オンライン監視モデルは、実際のプロセスを周期的に監視し、溶銑およびスラグの実際の状態(重量、成分および温度)を計算します。プロセス中に溶銑の実際の硫黄含有量を分析室から入手した場合には、その時点で行われている処理を更新するための計算をただちに開始し、新しい対象セットポイント値を再設定します。
 

    • 図1- HM 処理の制御モニタ

溶銑処理 向け ECO ソリューション — リソースの節減、価値の創出

当社のコンピタンスについての詳細は、以下のリンクからご覧ください。

ガス洗浄

ECO コンサルティング

溶銑処理統合型工場およびソリューション — 経験が物を言う

コンピタンスに関する詳細は、対応するリンクに従って確認してください:

参照例