アルミニウム箔ミル

アルミニウム箔ミル - 高品質、低コストで効率生産

プライメタルズテクノロジーズは、自動ホイル給送、測定および制御を組み合わせ、お客様が最低のコストで最高品質のホイルを実現できるように、世界最先端のホイル圧延ミルを設計します。

アルミニウム箔の数量と品質に関する要求が拡大する中で、ホイルを生産する設備の要求も厳しくなっています。現在、圧延ミルは最大幅2mで、6μ以下のホイルの圧延、および2,000m/分超の速度が求められています。これらの要求に応えるため、プライメタルズテクノロジーズは、高速圧延のミルを提供するだけでなく、設備の垂直立ち上げのためのプロセスサポートを行い、ミルの設定変更後にも製品コイルをいち早く確実に市場へ投入するための能力を持つなど、業界標準を卓越した圧延設備を提供します。

歩留まりおよび生産性の最大化

当社の圧延ミルは、より幅広いストリップ、より大きなコイル重量という市場トレンドに対応しながら、お客様が歩留まりおよび生産性を最大化できるように設計されています。プライメタルズテクノロジーズ は、最新世代の駆動テクノロジおよび強力なオートメーションプラットフォームを含め、完全統合型オートメーションおよび駆動ソリューションを提供するとともに、以下を実現します。

  • 圧延速度 2000m/分
  • 製品幅 > 2000mm
  • 仕上げ厚さ 0.0055mm (5.5μ)
     

機能:

  • 当社の箔ミルの特長は、コイル、スプール、スクラップ処理、高速ワークロール交換用などの数多くの自動システム。
  • 運転および駆動側のワークロールラッチは、オペレータ側へのロールの熱拡張を可能に。さらにベアリング間隔の調整により、長期間通過時のミルスピンドルおよびワークロール曲げラムに発生しうる推進力を解消。
  • 運転および駆動側バックアップロールラッチは、同様に、長期間通過中のロールロードシリンダーに発生しうる推進力を解消。
  • 許容値を個別調節した、最適化ミルベアリング設計により運転を高速化。
  • ワークロールおよびバックアップロールベアリングの両方に対するオイルエア潤滑システムは、高速圧延中のベアリング温度を運転範囲に維持し、負荷機能がより優れた合成オイルの使用が可能に。
  • ワークロールおよびバックアップロールベアリングの温度測定機能により、ベアリング温度の正確な監視が可能に。
  • 一定力のアイロンロールにより、コイル巻取り速度が確実にアップ。
  • スピンドルパイロットは、ロールネックをスピンドル端部の所定の位置に入れることで、発生しうるロール振動を抑制。

テクノロジー:

  • 箔粗削りミル、箔中間ミル、箔仕上げミル
  • 箔汎用ミル
  • 光沢仕上げミル
  • 自動ホイル給送システム
  • エントリーブライドル
  • 「E ブロック」構成、+ve および -ve ロールベンディング
  • コイルおよびの自動シーケンシングおよびスプール取扱い
  • 自動スプールキーウェイ配置
  • コイルインターラップオイル潤滑
  • シングルまたはダブル アンワインダー
  • エッジトリミングおよびスクラップ除去
  • ミルベアリング温度監視および分析
  • ロールチョック冷却
  • 油圧運転一定力アイロンロール
  • 自動パスライン高さ調節
  • ストリップ乾燥システム
  • Schneider 冷媒濾過(自社製造)
  • 煙霧洗浄およびオイル回収システム
  • 自動ゲージおよび平坦制御
  • エアベアリングシェイプメーター
  • シエイプメーターおよびスプレーバーシフトシステム
  • ホットエッジスプレー搭載の一体型電磁弁 (ISV) スプレー
  • 包括的監視および診断
  • 圧延スケジュールメンテナンス
  • 生産性および歩留まりの最適化 
     


圧延されたアルミニウム製品の品質の継続的な改善は、ミルアップタイムと生産性に関する要望の高まりととともに、圧延ミル向け用途の開発と機能強化が大きな支えとなっています。技術制御およびプロセスモデルは、機械、電気、油圧およびその他制御済み設備を最大利用した、製品の品質の改善に向けた最新オートメーションコンセプトの中核をなすものです。 

  • 世界クラスの厚さおよび平坦許容差 
  • オフゲージ材料の低減 
  • 最大スループットおよび可用性

拡張可能な技術制御システム 

モジュラー型デザインと定義済みインターフェイスを含む、高標準化パッケージ 

  • 短納期 
  • 高速起動  
  • 高い製品の品質と最高収率
  • モジュラー型デザイン(新規いる、アップグレード、伸長と改修)
  • インダストリー 4.0 に即対応

統合デジタル駆動システム

は全容量の技術および診断性能を搭載し、高速マルチマイクロプロセッサを利用して駆動制御に対応します。柔軟な用途で、幅広い電力および電圧定格に対応します。

技術制御およびプロセスモデルは、

技術制御システム (TCS) において、高標準化されています。利用可能な機能範囲には、高速スムース加速および最大スループット向け高精度ミルセットアップ用オンラインプロセスモデルが含まれます。ほかに、厚さ範囲と合金のすべてに対応する、関連するゲージおよび平坦さ制御アルゴリズムが含まれています。

Primetals Technologies は、世界クラスのアルミニウム生産者との協力により、世界各地でアルミニウム冷間ミルの自動化に成功。当社基準は、アルミニウム冷間圧延用の全ミルタイムに対応しています。