効率的加熱システム
効率的加熱システム

効率的加熱システム

EHS(効率的加熱システム) は、圧延のエネルギー効率を上げ、柔軟性を改善。

ビレットの温度勾配を所期の圧延温度に上げるために化石燃料(ガス、オイル)を使用して再加熱する際に、ビレット表面には大きな酸化が発生します。この酸化により材料喪失量が大幅に増えることになり、製品歩留りには不利に働きます。従来の化石燃料炉と最新の誘導ヒーターを組み合わせることで、各温度帯でのビレットの残留時間を調整および制御し、酸化を大幅に減らしてスケールの発生を抑えます。稼働の柔軟性はこれで改善されますが、ビレットのサイズや製品等級の変更が多い圧延時には、特に求められる要素です。

 


プライメタルズテクノロジーズは、6大陸で500台以上の圧延ミルを納入、アップグレードしてきました。これらのミルは、テクノロジリーダーシップ、信頼性およびパフォーマンスの世界水準となっています。

ビレット向け効率的加熱システム

効率的加熱システム (EHS) は、運転効率を最大に引き出す柔軟なプラントソリューションでビレット再加熱に異なるエネルギー源を組み合わせ、エネルギー消費を最小に抑えます。ビレット加熱工程は、各現場のエネルギーコストパターンやソースの可用性に柔軟に応用することができます。化石燃料炉を経由する通常の加熱工程から、温度の均等化と上昇向けの高パフォーマンス誘導炉への完全直接充填まで、 最終的な最適工程を確定するため、化石燃料および誘導炉と熱間および冷間充填とのすべての組み合わせについて、EHS 独自のツールでシミュレーションします。

ビレットの通常処理工程では、膨大なスケールが生成され、材料歩留りに不利となるため、生産損失として重要な分量を占めることになります。EHS 提供の化石燃料および誘導炉の統合運転を使用することで、さまざまな温度でビレットの滞留時間を調節および制御できるため、酸化およびそれに伴うスケールの生成量を大幅に抑えることができます。

EHS の電源制御およびプロセスオートメーションは、圧延ミルで利用される、高度熱冶金モデルにより効果的に統合し、圧延されたストックの熱プロファイル精度、プロセス圧縮を管理し、製品の品質を改善することができます。

より詳細に ライフサイクルサービス統合ブラントソリューションに移動する