最新情報

ニュース&プレスリリース


ロンドン, July 30, 2020

中国の宝山鋼鉄向け連鋳機全自動ダミーバー装置を完工

  • 新しい全自動ダミーバー上方装装入装置が半自動運転を置き換え
  • ボタンを1 回押すだけで、全自動プロセスが起動
  • センサーとエンコーダの追設により、安全で干渉のない「ダミーバー装入」を実現
  • 全自動で安全性を確保、ダミーバー装入工程におけるオペレータの負荷を軽減

 

プライメタルズテクノロジーズ(Primetals Technologies)は、宝山鋼鉄股份有限公司(以下、宝山鋼鉄)より、上海第1 製鉄所の2 ストランド式連続鋳造機CC3 向け全自動ダミーバー上方装入装置の最終検収書(FAC)を受領しました。この新たなソリューションによって、オペレータはボタンを押すだけで、全自動でダミーバーを鋳型内に装入すること、ならびに全自動でダミーバーをホイストから格納台車へ移すことが可能になります。すべての可動コンポーネントの位置を監視、検証するため、セーフティエンコーダ、レーザー距離センサー、安全リミットスイッチなど、安全関連の計測装置が追設されました。このソリューションによってオペレータはルーティンから解放され、作業時間は短縮、プロセス自動化が実現、安全要件も満たされています。各自動シーケンスは、鋳造プラットフォームの現場操作盤または HMI(ヒューマンマシンインターフェース)経由で主管制室(ICC)から開始できます。

 

全自動ダミーバー装置がひとつひとつのシーケンスを結合

新しい全自動ダミーバー上方装入装置は、ダミーバーの鋳型装入、引抜装置によるダミーバーの移動に必要な全工程を、それぞれ独立したシーケンスで実行します。各自動シーケンスは、現場操作盤(LCP)のボタン、または主管制室(ICC)のHMI 上のボタンをオペレータが1 回押すだけで開始されます。

 

従来、宝山鋼鉄では、ダミーバーを鋳型に装入するための各ステップと、ホイストから格納台車へ移すための各ステップを、オペレータが制御、監視する必要がありました。各ステップは、鋳造プラットフォームの現場操作盤(LCP)にある各ボタンを押して、半自動モードで開始していました。次のシーケンスに移る前に、オペレータは、格納台車が鋳型またはホイストまで移動したことや、ホイストの吊上げ位置またはチェーンの位置が正しいかなど、前のシーケンスが正しく完了したかどうかを確認する必要がありました。

 

安全関連の計測装置を追設

全自動ダミーバー上方装入装置の安全確実な運転にとって非常に重要なことは、ホイスト、格納台車、およびチェーンの位置です。そのため当社は、セーフティエンコーダ、レーザー距離センサー、安全リミットスイッチなど安全関連の計測装置を追設しました。これらの装置は、すべての被制御コンポーネントの位置を絶えず監視しており、正確な位置になければ自動運転は開始されません。新しい全自動ダミーバー上方装入装置が設置される前は、オペレータ自身が前ステップの結果を検証し、全コンポーネントの位置を確認しなくてはなりませんでした。

 

安全性の向上と時間短縮

新しいソリューションによって、オペレータはダミーバーの装入と引抜装置による移動の全自動シーケンスをモニターするだけでよくなりました。問題が起きた場合には、オペレータは自動モードから半自動または手動モードに切り替えて介入することも可能です。これは保守作業でも同様です。ダミーバー装入と引抜装置によるダミーバー移動が全自動で終了すると、オペレータの仕事は鋳型に対する鋳造幅の調整だけになります。この調整も安全で単純になっています。

 

プロジェクトの背景

このプロジェクトは、上海第1 製鉄所の連続鋳造機CC3 に対する近代化工事の一環として実施されました。2019 年には、連続鋳造プラント全体の制御と監視を目的とした、新しい主管制室(ICC)の試運転が行われました。また、2 基の鋳造プラットフォーム用ロボットが設置され、新しい顔認識システムも導入されました。

 

宝山鋼鉄は、新たに発足した中国宝鋼集団有限公司(China Baowu Steel Group Corp Ltd)の一員であり、グループ全体では、年間生産量7 千万トンを誇る世界第2 位の鉄鋼メーカーです。宝山鋼鉄は、中国国内および国際市場向けて、高品質な製品を生産しています。上海第1 製鉄所の連続鋳造機CC3 では、2 ストランドのそれぞれで板幅1,200 mm~2,300 mm のスラブを生産しており、その年間生産能力は230 万トンです。

プライメタルズテクノロジーズの新しい全自動ダミーバー上方装入装置によって、宝山鋼鉄ではボタンを1 回押すだけで、シーケンス全体(例えば、ダミーバーをホイストから格納台車へ受け渡すこと)の開始が可能になります。

 

プライメタルズテクノロジーズ (Primetals Technologies, Limited)は本社を英国・ロンドンに置き、金属鉄鋼産業におけるエンジニアリング、プラント建設、およびライフサイクルサービスの提供を行うパイオニアかつ世界的リーダーです。当社は電機、オートメーション、デジタライゼーション、及び環境の総合ソリューションを含めた技術、製品、サービスの一式を提供しており、原材料から完成品まで鉄鋼のあらゆる分野を網羅するだけでなく、非鉄分野でも最新の圧延ソリューションをお届けします。当社は三菱重工およびパートナーの出資によるグループ会社で、従業員数は全世界で約7,000 人です。詳しくは、下記URL より当社公式ウェブサイトをご覧ください。 www.primetals.com.