連続ステンレス鋼処理ライン

連続ステンレス鋼処理ライン — 高い効率、信頼性、経済性

プライメタルズテクノロジーズのステンレス鋼処理ラインは、従来はバラバラであった圧延、焼鈍および酸洗、スキンパス、レべリングなどの個別プロセスを、1つのプロセスラインとして統合しています。

プライメタルズテクノロジーズのステンレス鋼処理ラインは、圧延とプロセス処理が完全に統合されており、追加した側面サポートロールにより安定的で制御可能な圧延を実現、また、トンネル炉と酸洗により焼鈍炉と酸洗前の洗浄部では鋼板表面を高効率で洗浄します。

焼鈍酸洗ライン

圧延された原板は、焼鈍および表面スケール除去が必要で、トンネル炉と酸洗部において行われます。プライメタルズテクノロジーズは、熱延鋼板をと酸洗ラインの間でショットブラストとスケールブレーカーにより、酸化物除去を行います。

機能

  •  第1段階の焼鈍部
  •  空冷および水冷
  •  ブラシスクラバーを併用した、電解酸洗および硝ふっ酸酸洗
  •  ジェット式ラインタンク
  •  ブラシとスプレーリンス

主な特長

  • 高効率および低 NOx バーナー
  • 鋼板形状の維持
  • 高いプロセス速度
  • 最適な酸洗

 

圧延及び酸洗の連続処理

プライメタルズテクノロジーズの圧延、焼鈍および酸洗ラインは、従来はバラバラであった圧延、焼鈍および酸洗、スキンパスおよびレべリングを1つのプロセスラインとして統合しています。

機能

  •  焼鈍および酸洗ライン
  •  溶接機
  •  スキンパスミルおよびテンションレベラ

主な特長

  • コイルハンドリング時間の最少化による歩留まり損失の削減
  • 冷間圧延にリーダー鋼板が不要。コイル準備ラインが不要。
  • 特定鋼種においては、溶接部圧延により歩留り損失の低減。
  • 注文から最終製品生産までのリードタイムの短縮。
  • 処理コイルの低減、在庫コストの削減。
  • 省力化およびユーティリティー削減による運転コストの削減 
     

冷間圧延部

統合型プロセスのカギとなる要素は、インライン圧延ミルです。プライメタルズテクノロジーズにより、18ロールスタンドコンセプトを元に最近再開発されたPOWER X-HIミルには、これらの用途向けに設計されたさまざまな独自機能が含まれています。ステンレス鋼の硬質加工特性に対して必要とされる圧下においては、小径加工ロールが必要です。 
このテクノロジーのキーは、追加側面サポートロールを利用して、安定および制御可能な圧延を実現することであり、中間ロールの側面シフトおよび中間ロールの正負方向への屈曲によって、形状を修正することができます。ミルには、加工ロールおよび中間ロール用の自動ロール交換装置が装備され、センターセクション運転中に、ロールを交換することが可能です。

機能

  • 中間ロールベンディングおよびシフト対応を装備したマルチスタンドタンデム6Hiミルまたは18Hiミル
  • 全スタンドで油圧圧下自動板厚制御
  • プライメタルズテクノロジーズが特許取得したクイックロール交換システム
  • 大容量圧延油再循環による圧延および鋼板潤滑と冷却

主な特長

  • 正確な形状制御
  • センターセクション運転中に加工ロールおよび中間ロールの交換が可能
     

清浄部

ステンレス鋼板製品の鋼板表面の品質確保は、重要な要素で、焼鈍前に鋼板の清浄洗浄が必要不可欠です。プライメタルズテクノロジーズは、付着した油の除去をインラインで行う設計により製品の最高品質を実現します。

機能

  • スプレー、浸漬およびブラシテクノロジの組み合わせ
  • 単なる清浄部ではなく、完全な「洗浄ソリューション」を提供

主な特長

  • 最大の運転効率
  • 製品要件に対応する、柔軟性、自動セットアップパラメータ
  • ユーティリティー消費の最適化
  • 廃液の削減
     

近代化

プライメタルズテクノロジーズには、プロセスラインの老朽化更新、近代化、高機能化の豊富な実績があります。体系的なアプローチにより、お客様と緊密に連携し、個別ニーズに基いた機器の取り合いを十分に検討しながら、ニーズに応じた近代化コンセプトを開発し、ソリューションを電気、制御、機械またはそれらの組み合わせにより提案致します。お客様が選択したコンセプトをベースにして、いくつかの手順に従い、プラントの稼働停止中に近代化を実行することも可能です。プライメタルズテクノロジーズの経験を基に、定修期間を最小限に抑えると共に、迅速な立上と最高の品質を実現いたします。
 

    • 図1- テンションリールおよび関連装置
    • 図2- エントリ部装置
    • 図3- 直接圧延および焼鈍ライン、 LISCO(中国)

溶接機

プライメタルズテクノロジーズでは、固体レーザーソースを利用した溶接およびせん断を行う最新の厚板用レーザー溶接機を開発しました。「LW21H」 と呼ばれる、このヘビーレーザー溶接機は、ステンレス鋼種を含む、幅広い鋼種向けに高品質な製品を提供できる設計になっています。当社方式は光ファイバーケーブル経由でビーム転送を行うため、手間のかかる鏡反射伝送は不要で、メンテナンスが簡単で初期投資も安価になっています。安定した再現性のある切断と信頼性はレーザ切断によってのみ実現可能です。レーザ溶接機のもう1つ利点として、機械がコンパクトなために、既存のラインに最小の現場作業で簡単に設置できることがあげられます。

スキンパスミル 

ほとんどの場合、装置は、単一の加工ロール直径の2Hiミルで構成されています。この装置で、正負の曲げブロック、自動パスライン調節機器、クイック自動ロール交換システム、効率的ロール洗浄装置および自動制御などの諸機能が統合されています。 

テンションレベラ

テンションレベラスタンドには、制御された伸び率で鋼板が弾性可塑変形を起こした際に、鋼板の縦方向の伸び率が同じ長さになることによってC反り及びL反りの残留ひずみを解消する、6Hiクラスタ用アセンブリが含まれます。テンションレベラの入側出側のテンションブライドルは、用途によって、さまざまなシステムで駆動可能です。スキンパスとテンションレベラに中間テンションブライドルを多様に組み合わせることによって、さまざまなタイプの高品質鋼板の生産が可能となります。

スケールブレーカ

スケールブレーカは、スタンド、ダスト収集システム(ウェットまたはドライプロセス)および各ドライブシステムを搭載した前後のテンションブライドルで構成されています。スタンドの鋼板は、加工ロール上で、引張によってさまざまな曲げの影響を受けます。この結果、鋼板が伸長し、平坦の欠陥が修正されます。スケールブレーカは、ラインの稼働時に運転されるクイックロール交換装置、周囲への汚染を防止するスタンドのフルカバーフード、および鋼板への粉塵付着を防止するエア吹き付けシステム内蔵のバックアップロールも装備されています。

サイドトリマー

ステンレス鋼専用の プライメタルズテクノロジーズのサイドトリマーはタレットまたは単一ヘッドタイプがあり、これらのマシンは、DWA(Dynamic Width Adjysting)もしくはFWC (Flying Width Control)ダイナミック幅調節機能を有し、EdgeMonなどのオプションを追加することもできます。単一スタンドあるいはデュアルシフトスクラップチョッパーは、スクラップつまりの無いスクラップ処理を実現するよう設計製造されています。直径およびナイフ数を適切に設計することによりナイフ寿命を最長にすることが可能となります。サイドトリマーとスクラップチョッパーを一体に考えることが最適なスクラップ処理および不良率の低減を実現する上でカギとなります。

SIAS®

高付加価値のステンレス鋼市場において、SIAS 自動表面検査システムは、ラインのカギを握る部品で、高品質および生産性には欠かせません。SIAS® は、光沢焼鈍ラインおよび焼鈍および酸洗ライン、統合型ステンレス鋼ライン、スキンパスミルおよびテンションレベラに適用可能です。SIAS® は、すべての表面欠陥についてオペレータに警告を出します(ラインに有害な欠陥および/または必要な品質に許容できない欠陥)。

TCO

TCOptimizer は、冶金工程全体の信号すべて(鋳造からプロセスまで)に注意し、装置の状態、プロセスおよび製品の品質に関する機能低下に対してジャストインタイムのアラームを発して、生産を安定させる手段です。プロセスの自動的フォローアップ、組み込んだ冶金モデルによるリアルタイムの製品品質評価システム、最終製品の品質要件に達するためのジャストインタイムのアラームが組み込まれています。
 

    • 図1- インラインスキンパスミル
    • 図2-中間テンションレベラー TL21M (湿式プロセス)
    • 図3 スケールブレーカー (湿式プロセス)


プラント生産性および製品の品質は、プラントオートメーション、プロセス制御および利用可能なプロセス最適化機能により大きく異なります。プラントの業績を最大限引き出すため、Primetals Technologies は、高性能オートメーションシステムの標準化以外に、生産効率および鋼片品質の改善について、アドオン別最適化ソリューションを提供します。


以下を活用してスループットを最適化

  • OGO / 統合圧延プロセス向けオフゲージ最適化
  • SOS / スループット最適化向け速度最適化システム
  • FRC / 圧延中のフライングロール変更スタンド


以下を利用した優れた鋼片品質:

  • REC / 均質および高精度な鋼片厚さ向けロール離心率補正
  • AFC / モデルベースの自動平坦さ制御
  • ChatterMon / 自動プロセス速度適応のミルチャタリング監視

ライフサイクルサービス -パフォーマンスを改善しコストを抑制

単独でサービスとサポート – 迅速、熟練、信頼性

お客様のライフサイクルパートナーとして、当社は、総合的な運転サポートをご提供します。これにより、お客様の製銑、製鋼、圧延およびプロセス設備の運営を可能なかぎり最小コストでサポートします。当社のポートフォリオにはメンテナンスと修理サービスに加えて最高水準の品質で生産した正規メーカーコンポーネントの迅速な提供が含まれます、

当社では、メンテナンス組織をお客様顧客の組織に組み込み、これにより真のライフサイクルパートナーであることの意味を実証します。お客様と プライメタルズテクノロジーズ との間のウィン・ウィンな関係の結果、設備パフォーマンス、製品の品質および全体の所有コストが継続的に改善されます。 

当社のお客様は予期しないコンポーネントの故障が発生した場合、設備の場所に関わらず、迅速かつ簡単にサポートが受けられます。グローバルリソースと世界規模のサプライヤチェーンによりの、当社は最高品質の正規の予備品および消耗磨耗部品を適正な価格で速やかに、お客様にご提供します。当社には幅広い主要部品の在庫があり、迅速に提供することができます。

詳細はPrimetals Technologies の ライフサイクルサービスサイトをご覧ください 
 

連続ステンレス鋼ライン向け統合型プラントおよびソリューション — 経験が物を言う

弊社のコンピタンシについての詳細は、以下のリンクからご覧ください:

参照例: 高生産性ステンレス鋼冷間圧延群

顧客
Baosteel Desheng(中国・福建省) 

工場タイプ
直接圧延焼鈍および酸洗ライン  

ソリューション
スキンパスミルを含む、焼鈍および酸洗ラインと組み合わせた特許取得済の4スタンドの POWER X-HI タンデム冷間ミル。 2つのラインを1つに統合して運転コストを抑え、最高品質の製品を生産します。