製鋼の将来

金属鉄鋼業の将来 — イノベーションの推進による高い競争力

お客様の投資戦略は今日の市場の要求や技術の傾向に対応し、その事業の課題を解決する手段とならなければなりません。適切なパートナーを選択することが重要です。

プライメタルズテクノロジーズ では常に技術だけでなく金属鉄鋼鋼業界内外のトレンド を注視し、当社のパートナーの将来のニーズや課題を予測、市場の状態を常に分析しています。その取り組みの中で、今後数年から数十年間で金属鉄鋼業界を形作り、変革する上でキーとなる3つの分野を認識しています。グリーン製鉄の実施により、環境上の課題や規制圧力にあってもこの産業は成功し続けることができます。高品質の鋼種への需要がますます高まり、新しく近代化したプラントにおいて、新たに冶金オンラインモデルおよび高度な設備に重点がおかれます。また、デジタリゼーションは、適応性のある自己学習特性とともに、お客様の操業のあらゆる工程において不可欠なもので、データ処理により従来からの抱える障壁が解消され、非常に優れたメリットを引き出します。


 

金属鉄鋼生産の将来は、持続可能で二酸化炭素を発生させない、安全で高度な生産法にあり、現在では想像できないような特性をもつ材料の開発につながります。

どのようにしたら金属鉄鋼産業が排出ゼロ、廃棄物ゼロの産業となることができるのでしょうか?現在私たちが扱おうとしているのはどのような原材料なのでしょうか?材料特性はどのように変化するのでしょうか?また、デジタリゼーションなどのトレンドは職場や作業内容にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

プライメタルズテクノロジーズ には、将来の金属鉄鋼産業に関して明確なビジョンを持っています。当社の先駆者たちは、この変革には長い期間を要することがわかっていたので、知恵を絞って常に前進を図り、イノベーションの4つの柱を設定しました。
 

グリーン製鉄

「グリーン製鋼」 により、さまざまな方法により炭素還元剤を水素に代えることで、製鉄プロセスでの多量の炭素の利用が抑えられます。排出物はゼロに近づきます。副生成物 は安定化して再生され、プロセスは理想的なエネルギー効率で処理されます。例: EAF Quantum(新型電気炉), 焼結の排出削減最大化 (MEROS)、廃棄物ゼロ、乾式スラグ造粒 (DSG)、 およびグリーンボタン(エネルギー利用データの簡便な利用)。
 

高品質な製品

マーケットでは電気自動車が加速度的に進歩を続けています。シリコン鋼、高度高張力鋼 (AHSS) およびステンレス鋼は、この新しいダイナミックな業界で鋼材が果たす重要な役割の代表例となっています。プライメタルズテクノロジーズ には高品質鋼を生産する技術が豊富にあります。すなわち、連続鋳造用単ロール DynaGap (SRD) セグメント、真空アルゴン脱炭プロセス (V-AOD)、エキスパートシステム、パワークーリング、自動表面検査システム (SIAS)、および  idRHaレール硬化技術 などはその例です。
 

デジタリゼーション

デジタリゼーション ではプラントおよび設備すべてを完全自動化して、危険な作業区域ではロボットを使用することにより職場の安全が格段に向上します。とくに状態監視システム (CMS)と拡張現実 (AR) によりメンテナンス作業が改善されます。各プロセスは、ビッグデータやルールベースの全 プロセス最適化システム (TPO) による人工知能で最適化されます。最終製品の欠陥はごく少量に抑えられます。その例は、全プロセス品質管理 (TPQC)メンテナンス管理 (MAT)、 鋳造用ロボット Liquirob リキロボ)システム、m.connect を用いたデータの情報への変換、および金属鉄鋼産業向けWeb ポータル  m.space などになります。
 

アセット生産性

当社の生産性向上テクノロジー製品を活用することで、各プロセスは、装入材のミックスに関して柔軟性がさらに改善され、プロセスが短縮・直結されて、複数の冷却および再加熱工程が省略されます。プロセスの生産性は最大になります。例: Arvedi  連続ストリップ製造プロセス(ESP)、WinLinkを用いた直接圧延、idRHaレール硬化テクノロジー、 転炉ジェットプロセスERT-EBROS(ビレット溶接システム)エンドレス圧延テクノロジー、アコースティックエキスパート(除塵プラントの音響監視)、および 状態監視システム (CMS)。


図1- 乾式スラグ造粒用パイロットプラント |  図2 - 連続鋳造における単ロール調節用SRD セグメント  | 図3- m.space (金属鉄鋼産業界向け Web ポータル)


さらに詳しくは、当社Metals Magazineの「金属鉄鋼の将来」 をご覧ください。