最新情報

ニュース&プレスリリース


x  最新情報
  • ロンドン, 14.07.2020

    イタリアのヴァルブルーナ製鉄向け AOD 転炉改造工事 を完工

    プライメタルズ テクノロジーズ(Primetals Technologies)は、イタリアのヴァルブルーナ製鉄 (Acciaierie Valbruna)ボルツァーノ工場向け AOD 転炉改造工事を完工、最終検収書(FAC)を受領し ました。この改造工事の主な目的のひとつは、転炉のトラニオンリングと傾動装置の近代化でした。さ らに、新しいプロセス最適化システム(レベル 2)が実装され、トラニオンリングと傾動装置の機械お よび電気部品の交換に伴い、プロセス制御システム(レベル 1)も更新されました。レベル 2 システム は、ヴァルブルーナ製鉄の生産要求に合うように、当社のオーストリアのスペシャリストによって、リ モート接続により整備、調整されました。

    詳細情報

  • ロンドン, 01.07.2020

    ブラジルのゲルダウ社オウロブランコ製鉄所より溶解 工場向け MES(製造実行システム)を PSI メタルズ 社と共同で受注

    本年 2 月、プライメタルズ テクノロジーズ(Primetals Technologies)は、ブラジル・ミナスジェ ライス州にある Gerdau S.A.(以下、ゲルダウ社)のオウロブランコ一貫製鉄所より、溶解工場向 け MES(製造実行システム)の設置工事を受注しました。これまで数年間運用されてきた既存シ ステムには限られたアップグレードオプションしかないため、新たなソリューションで置き換えら れることになりました。プロジェクトは当社が PSI メタルズ社と共同で実施し、鉄鋼業界における トップクラスのオートメーション技術や冶金学とソフトウェアのノウハウが結集されます。この新 しい溶解工場向け MES は、当社製の標準インターフェースに基づく既存のレベル 1 およびレベル 2 システムとの緊密な統合を実現します。

    詳細情報

  • ロンドン, 17.06.2020

    連続鋳造機用プロセス最適化ソフトウェアのサブスク リプション ライセンスが鉄鋼業界に新たな基準を設定

    プライメタルズ テクノロジーズ(Primetals Technologies)は、連続鋳造プラント用プロセス最適 化(レベル 2)ソフトウェアのサブスクリプション ライセンス契約を新規に受注しました。サブス クリプション ライセンスは、鉄鋼業界ではまったく新しいサービス提供形態であり、今回はここ数 ヵ月間で 3 件目の受注となります。モジュール方式のソフトウェア アーキテクチャと、設定が容 易なシステムにより、必要とする機能やモデルを選択したり除外したりするだけで簡単にサブスク リプション 登録ができます。

    詳細情報

  • ロンドン, 02.06.2020

    ロシア・メチェル社向け、LD(BOF)転炉近代化工事が 完工

    プライメタルズ テクノロジーズ(Primetals Technologies)は、ロシアの Mechel Group(以下、メチェ ル・グループ)より、チェリャビンスク冶金工場(ChMK)の製鋼所向けに実施した LD(BOF)転炉近 代化工事を完工、最終検収書(FAC)を受領しました。本プロジェクトの目的は、老朽化した装置の更 新、出鋼量を 160 トンに増大させることによる生産能力のさらなる拡大、ならびに、吹錬時間の短縮に よる出鋼時間隔の最適化でした。これは、チェリャビンスクの製鋼所において、プライメタルズテクノ ロジーズが近代化工事を行った 3 基目の転炉です。他の 2 基の転炉については、2011 年 8 月と 2013 年 11 月に完工し成功裏に稼働を開始しています。同時にメチェル社は、転炉からの排出物を削減するため、 新たに冷却塔と排ガス浄化プラントも設置しました。この装置はロシア西部ベルゴロドの Rosenergostal 社が供給しました。

    詳細情報

  • ロンドン, 26.05.2020

    中国最大の銅生産者向け銅棒材圧延機が稼働開始

    プライメタルズ テクノロジーズ(Primetals Technologies)が中国の Jiangxi Copper Company(以下、 江西銅業)向けに納入した SCR 9000 銅棒圧延設備が、供給元の米国ジョージア州キャロルトンの Southwire Company, LLC(以下、サウスワイヤ社)より最終検収書を受領、稼働を開始しました。江 西銅業の生産能力向上を図るために広東省の工場に納入された当社製の切断機、圧延機、巻取機を搭載 したこの圧延設備は、毎時 54 トンという、サウスワイヤ社がこれまでに納入した中で最高の生産能力 を達成しています。当社は、SCR 9000 用の切断機、圧延機、巻取機に対するエンジニアリング、製造、 および試運転指導を担当しました。この銅棒圧延設備は、電線やケーブル用の電解タフピッチ(ETP) 銅の生産に使用されます。

    詳細情報