最新情報

ニュース&プレスリリース


x  最新情報
  • Dubai, 28.02.2021

    Primetals Technologies and Midrex Technologies sign contract with Mikhailovsky HBI for world´s largest HBI plant

    Mikhailovsky HBI, which was jointly established by USM and Mikhailovsky GOK (part of Metalloinvest), signed a contract with Primetals Technologies and consortium partner Midrex Technologies, Inc. to supply a new Hot Briquetted Iron (HBI) Plant in Zheleznogorsk, Kursk region, Russia. The plant is designed to produce 2.08 million metric tons of HBI per year. Latest design features ensure reduced energy consumption and environmental impact. The contract includes engineering, supplies and advisory services. Startup is expected in the first half of 2024.

    詳細情報

  • ロンドン、, 26.02.2021

    トルコのチョラコール社向け真空脱ガス設備更新工事を完工

    プライメタルズテクノロジーズ(Primetals Technologies)は、トルコの鉄鋼メーカーであるチョラコールメタラジー社(Çolakoğlu Metalurji A.S.:以下、チョラコール社)より、同社ディロバス製鋼工場の既存の真空脱ガス(VD)設備を真空酸素脱炭(VOD)設備にアップグレードする改造工事の最終検収書を受領しました。このヒートサイズが295トンで世界最大となる真空酸素脱炭設備の誕生となる今回の近代化プロジェクトにより同社は、IF鋼、ULC鋼、ステンレス鋼などの特殊鋼の生産を可能にし、新たな市場への参入が可能になります。稼働開始直後から、304および304Lステンレス鋼がトルコでは初めて生産されました。

    詳細情報

  • ロンドン, 25.02.2021

    中国の桂林萍鋼で新型電気炉EAF Quantumとレードル炉が操業を開始

    プライメタルズテクノロジーズ(Primetals Technologies)が中国の鉄鋼メーカーである桂林萍鋼鋼鉄有限公司(以下、桂林萍鋼)に納入した出鋼量120トンの新型電気炉EAF Quantumと同120トンのツインレードル炉が操業を開始しました。新型電気炉EAF Quantumは、さまざまな組成や品質のスクラップを処理できるよう設計されています。スクラップの予熱により、電気炉に必要な電力量は大幅に低減され、操業コストとCO2排出がいずれも削減可能です。この2つの炉は、棒鋼市場の成長への対応を目的として、中国の広西チワン族自治区の桂林近くに位置する平楽に新設される工場に納入されました。

    詳細情報

  • ロンドン, 23.02.2021

    中国・中天鋼鉄向けビレット連鋳機の近代化工事を完工

    プライメタルズテクノロジーズ(Primetals Technologies)は中国の鉄鋼メーカーであるZenith Steel Group Co., Ltd.(以下、中天鋼鉄)の常州第3製鋼所向け10ストランド-ビレット連鋳機の近代化工事を完工、操業を開始しました。本機は、世界で初めて新しいSRD(シングルロールDynaGap)セグメントを導入するビレット連鋳機になります。SRDセグメントは最終凝固部分での使用に向け特別に開発されたもので、上段の圧下ロールそれぞれが別々に凝固中の鋳片を圧下できるようになり、最終凝固点での正確な圧下が可能になります。また、オンライン熱力学相変換モデル「ダイナフェーズ(DynaPhase)」、二次冷却モデル「ダイナックス3D (Dynacs 3D)」、軽圧下システム「ダイナギヤップソフトソフトリダクション3D(DynaGap SoftReduction 3D)」などの技術パッケージの導入により、中心偏析及び微小空孔が低減しビレット内部品質がさらに向上します。

    詳細情報

  • ロンドン, 18.02.2021

    中国の梧州永達鋼鉄向け新型電気炉 EAF Quantum とレ ードル炉が操業を開始

    中国広西チワン族自治区梧州市の梧州永達鋼鉄有限公司(以下、梧州永達鋼鉄)において、同社の新設 プロジェクト向けにプライメタルズテクノロジーズ(Primetals Technologies)が納入した新型電気炉 EAF Quantum とレードル炉が操業を開始しました。これは中国初の EAF Quantum の連続操業となりま したが、中国では連続操業を予定している EAF Quantum が他にも 8 基あります。EAF Quantum 炉は、 様々な組成や品質のスクラップ鋼を処理できるよう設計されています。スクラップは予熱されるので、 電気炉に必要な電力量が大幅に低減し、操業コストと CO2 排出量の両方が削減されます。ツインレー ドル炉では、目的とする鋼種と鋳造温度の正確な設定が可能です。

    詳細情報