ガス洗浄

 ガス洗浄 — 製銑および製鋼用の高効率なガス清浄化

厳しい規制のため、環境保護がこれまで以上に重要になっています。プライメタルズテクノロジーズのガス清浄ソリューションは、幅広く先進的なサービスおよび技術を幅広く提供し、鉄鋼生産プラントの環境への負荷を低減します。

プライメタルズテクノロジーズの除塵ソリューションの特長:制限値の遵守を保証。幅広い専門性による個々の除塵装置。既にプラントのレイアウトの段階で、将来の排出量要件を考慮しています。当社からの一元供給により、運用時の制限を低く抑えるソリューションを、ターンキーで稼働させます。

MEROS® – 焼結およびペレタイジング工程からの排出量削減の最大化

MEROS は、粉塵や有害金属、有機成分等の汚染物質を焼結プラントの排ガスから除去する無水プロセスです。一連の処理手順により、このテクノロジーは、従来のガス処理技術ではできなかったレベルを実現します。 
 

NOx除去用 SCR 脱硝(DeNOx)プラント

プライメタルステクノロジーズは、高効率の選択式触媒反応 (SCR) ソリューションを提供し、新設および既存設備の焼結ガス清浄用途向けとして、排出される窒素酸化物 (NOx) を最大限除去します。
 

焼結およびペレタイジングプラントの屋内除塵および2次除塵

排ガスの一次処理に加えて、焼結プラントではプラント周囲で安全な作業環境を確保することが重要です。最適な集塵を行うためには適切なフードの設計および配置計画が不可欠ですが、CFD(流体力学) 計算により、ダストの捕捉とフード内の気流の最適化が可能になります。
 

MERIM® - 排出量削減およびエネルギー回収の最大化

プライメタルズテクノロジーズ は、高炉、COREX および FINEX に対応する高機能の乾式炉頂ガス清浄テクノロジを開発しました。通常の湿式炉頂ガス清浄システムと比べ、環境とお客様に格段のメリットをもたらします。清浄化されたガスは、現在および将来の排出規制のいづれにも対応し、CO2 排出量を大幅に削減できます。
 

高炉向け湿式除塵システム – 高効率のガス清浄で環境基準に対応

高炉向け最新除塵のシステムインテグレータとして、プライメタルズテクノロジーズでは、広範囲な自社開発ソリューションを提供し、1次および2次排ガス処理に対応します。
 

高炉向け鋳造室および貯蔵室の除塵

排ガス処理では、広く配置された収集ポイントから汚染物質を含有する空気を排気システムで収集します。ダストの集塵と移送で重要な要素は、ダクト設備の最適な寸法設定と圧力損失の補填、そしてファンの必要出力を低減するダンパーシステムです。この調節を最適化するため、高等なCFD(流体力学)計算により、設計計算をサポートします。
 

Zeron® – パルスジェットフィルターの将来

プライメタルズテクノロジーズは、国際特許を取得している 大型ファブリックフィルタ―システム「Zeron」を開発した Kappa Filter Systems(オーストリア・シュタイアー)と独占協力契約を締結。本システムは、粉塵の一次分離から清浄後の排気用煙突に至る全ての除塵機構、コンクリートパネル構造の堅固かつコンパクトな除塵用建屋に収める初めてのプラントです。

 

WDS – LD (BOF) 向け湿式除塵システム(Wet Dedusting System)

湿式除塵システムは、運転および制御の点で、より容易な方式だと考えられています。プライメタルズテクノロジーズでは、実証され信頼のおける2つのテクノロジーを提供していますが、これらはいづれも、除塵効率を最高にしつつ、消費エネルギーをできるかぎり抑制するように最適化されています。

DDS – LD (BOF) 向け乾式除塵システム(Dry Dedusting System)

プライメタルズテクノロジーズの転炉オフガス清浄用ソリューションは、高効率なガス清浄、高いエネルギー効率および可用性の最大化に重点的に取り組んでいます。これまで約10年にわたり、乾式除塵プロセスは、LD (BOF) 転炉のガス清浄効率を最大にしつつ、エネルギー消費を最小化する最新テクノロジーを担ってきました。

SDS – 2次除塵システム(Secondary Dedusting System)

2次除塵システムの主な役割は、溶銑および溶鋼の移送時や冶金処理中に発生するダストを効率的に収集することです。最適な除塵効率を実現し、プラント内外の周囲をクリーンな状態にするには、適切なフードの設計および配置計画が不可欠です。主なプロセス改善点は、溶銑充填中に効率的なガス冷却を可能にする、特許取得済みのプライメタルズテクノロジーズの ピーク冷却器テクノロジーです。

電気炉向け除塵システム

電気炉用の除塵システムの先端インテグレータとして、プライメタルズテクノロジーズは、1次および2次排ガス処理向けとして、包括的な自社開発ソリューションを提供します。これらの実証されたソリューションは、排ガスの効果的な清浄、冷却、厳しい環境排出規制への対応などを特長としています。

AOD 除塵システム

このソリューションは、 EAF除塵システムと同じく、高効率なガス清浄テクノロジをベースにしています。両システムとも、炉の排ガスの完全燃焼によって、一酸化炭素排出をゼロにします。
 

Zeron® – パルスジェットフィルターの将来

プライメタルズテクノロジーズは、国際特許を取得している 大型ファブリックフィルタ―システム「Zeron」を開発した Kappa Filter Systems(オーストリア・シュタイアー)と独占協力契約を締結。本システムは、粉塵の一次分離から清浄後の排気用煙突に至る全ての除塵機構、コンクリートパネル構造の堅固かつコンパクトな除塵用建屋に収める初めてのプラントです。

 

SDS - 2次除塵システム(Secondary Dedusting System)

2次除塵システムの主な役割は、溶銑および溶鋼の移送時や冶金処理中に発生するダストを効率的に収集することです。最適な除塵効率を実現し、プラント内外の周囲をクリーンな状態にするには、適切なフードの設計および配置計画が不可欠です。主なプロセス改善点は、溶銑充填中に効率的なガス冷却を可能にする、特許取得済みのプライメタルズテクノロジーズの ピーク冷却器テクノロジーです。

Zeron® – パルスジェットフィルターの将来

プライメタルズテクノロジーズは、国際特許を取得している 大型ファブリックフィルタ―システム「Zeron」を開発した Kappa Filter Systems(オーストリア・シュタイアー)と独占協力契約を締結。本システムは、粉塵の一次分離から清浄後の排気用煙突に至る全ての除塵機構、コンクリートパネル構造の堅固かつコンパクトな除塵用建屋に収める初めてのプラントです。

 

EAF 除塵システム

EAF 向けの最新除塵システムのインテグレータとして、プライメタルズテクノロジーズ は、1次および2次排ガス処理の広範囲な自社開発ソリューションを提供します。これらの実証済みソリューションの特長は、オフガスの効果的な洗浄、冷却、ならびに厳しい環境排出規制値の遵守にあります。

Zeron® – パルスジェットフィルターの将来

プライメタルズテクノロジーズは、国際特許を取得している 大型ファブリックフィルタ―システム「Zeron」を開発した Kappa Filter Systems(オーストリア・シュタイアー)と独占協力契約を締結。本システムは、粉塵の一次分離から清浄後の排気用煙突に至る全ての除塵機構、コンクリートパネル構造の堅固かつコンパクトな除塵用建屋に収める初めてのプラントです。

 

参照例

南米で最初に納入された乾式除塵システム

顧客
ThyssenKrupp Companhia Siderúrgica do Atlântico

プラントのタイプ
LD (BOF) 向け乾式除塵システム

ソリューション
Thyssen Krupp は南アメリカに進出し、ブラジル・リオデジャネイロ近くのサンタルチアに新規の製鋼プラントを建設。プライメタルズテクノロジーズ は、プラント全体をカバーする最新の除塵システムを提供。LD転炉 (BOF) 1次除塵システムは、生成水蒸気を利用した熱回収システムが特長で、南北アメリカを通じて初の乾式タイプの除塵システムおよびガス回収システムです。 
工場は2010年に稼動開始しました。