Finex®

Finex® — の環境に安全な製銑

Finex は、溶銑の生産において、粉鉱とコークス以外の石炭を直接利用して、 プライメタルズテクノロジーズと韓国の製鉄会社であるPosco が共同開発した革新的な製鉄プロセスです。

Finex プロセスでは、粉鉱は、鉱石に対して向流方向に流れる、流動層反応器(還元ガスー石炭の気化によって発生ーを使用して直接還元鉄(DRI)に加熱して還元される)のカスケード上部に充填されます。DRI粉鉱は、熱間圧縮された鉄に処理されてガス化溶融炉上にある容器に移され、その後、ガス化溶融炉に充填され、そこで溶解が行われます。充填された製品-液体溶銑-は、溶解炉または Corex プラントで生成された溶銑と品質は変わりません。

経済的利点

Finexプロセスは、低コストの原材料を使用できることから、設備投資と生産コストを高炉プロセスと比較してよりかなり低く抑えることができます。年間生産量150万トンの Finex プラントは、近代的な年間生産量300万トンの高炉と比較して、安いコストで溶銑の生産が可能です。使用する酸素プラントと発電プラントを比較に織り込むと、 Finex プラントの設備コストおよび運転コストはそれぞれ、高炉と比べ、およそ20%、15%づつ低くなります。

FinexECO ソリューション — リソースの節減、価値の創出

当社のコンピタンスについての詳細は、以下のリンクからご覧ください。 

ガス洗浄

副製品のリサイクル 

ECO コンサルティング

    • 図1- MERIM プラントレイアウト
    • 図2- イタリア・イヴァのブリケットプラント

Finex 向け統合型工場およびソリューション — 経験が物を言う

コンピタンスに関する詳細は、対応するリンクをご覧ください:

    

参照例: Finex® F-2.0m 工場

顧客 
Posco Pohang Works (韓国)

ソリューション
溶銑の年間出銑量200万トンの Finex F-2.0M 工場が2014年1月、運転開始。