2次精錬

2次精錬 — 最大の効率化と生産性、最高品質の実現

プライメタルズテクノロジーズ の2次精錬ソリューションは、完全な統合技術と、機械、オートメーション、電気の各エンジニアリングサービスを一元供給します。

本ソリューションは、プラントの稼働率最大化、短い充填サイクルタイム、低消費値および最高の品質を実現する基盤となります。この結果、2次精錬における大幅なコスト削減とあわせ、新設プラントおよび近代化プラントのいづれでも、高い生産能力と生産性が実現します。

必要とされる全鋼材等級への対応 - 2次精錬ソリューション

これらの技術は、最大のプラント可用性、短かいサイクルタイム、低いエネルギー消費および最高の品質を実現する鋼材処理の基盤となっています。2次精錬の優れたコスト削減とあわせ、新規プラントおよび近代化改修されたプラントのいづれにおいても、高い性能と生産性水準が実現します。

合金処理から脱ガス、脱硫および脱炭まで、2次精錬は、高品質の鋼材の生産には不可欠です。
 

この分野における当社ソリューション - 以下の方法で効率と生産性の最大化

  • プロセス制御およびオートメーションのファインチューニングにより、必要要員および添加物の最少化、サイクルタイムの短時間化が可能となります。
  • 設計パラメータの高精度計測により、実際の消費値との整合度を検証可能。
  • プラント設計の最適化により、真空ポンプ、合金用施設および冶金容器のスペースコストを最小化。

プライメタルズテクノロジーズの設備コンポーネントは、そのすべてが毎日、最高負荷に耐用できるように製造されています。当社の幅広い標準化、特定サプライヤとの多年にわたるチームワーク、実証済の出力制御および体系的品質保証により、これが可能となっており、確実な納期遵守、高い可用性およびプラントの長寿命化が実現しています。
 

レードル(取鍋)炉 (LF) - 溶解および鋳造間の品質の連携

溶解工程と鋳造工程の間に取鍋炉を設置することは、製鋼の品質および生産性改善を確実にするために重要です。取鍋炉の調節には、シングルステーション(固定/旋回台または取鍋車両/タレット付き)および旋回電極台付きツインステーション(2ルーフ)も含まれます。コンパクト設計により、ルーフへのアクセスが簡単で、電極交換時のアクセスもしやすい一方で、スペース要件を最小化します。
 

VD/VOD 工場 - 真空脱ガスにより精錬の柔軟性を最大化

溶解された合金成分によっても異なりますが、真空処理中に炭素、酸素、窒素、水素および硫酸含有物が削減されます。真空合金ホッパーシステムは、合金成分の調節を可能にします。適正な均質化および高い合金歩留まりが、このプロセスの特長的な機能です。取鍋内の精錬反応によっても異なりますが、 600~1,200 mm の空き容量が必要です。生産性を上げるため、VD システムをツイン容器システムとして設計(または拡張)することもできます。VOD システムは、酸素吹き出しランスを追加装備したタンク脱ガス装置です。この酸素の追加供給は超低炭素ステンレス鋼等級(強制脱炭)の生産あるいはアルミニウム/シリコン追加物と関連して、溶解の化学加熱 (VD-OB プロセス)に使用することができます。真空ポンプはオフガス量の増加に対応できるように、相応の高容量を持たせるように設計されています。
 

RH 工場 - 真空再循環プロセス

RH (Ruhrstahl Heraeus) プロセスは、鋼材槽に浸出した2個のシュノーケルを装備した、防火材でライニングされた容器内で実施します。システム圧力を減圧すると、溶解された合金が真空容器内に上がってきます。そこで、脱炭、脱ガスおよびその他脱ガス反応が発生します。シュノーケルの1つを持ち上げガスを射出すると、循環プロセスが始動します。その結果、全体的に熱処理が迅速に行われます。真空容器を下げるか、取鍋を持ち上げ、シュノーケルを浸液させます。容器の交換時間を最小に抑える場合は、クイック交換容器システムを提供することができます。
 

VLD プラント - 経済的な精錬を行うためのスマートな方法

VLD (真空取鍋脱ガス)は、 5~20トンの小さな熱規模の2次精錬運転に最適なソリューションです。このプロセスは、 プライメタルズテクノロジーズ(旧Siemens Metals Technologies) と Dörrenberg Edelstahl社 の共同研究開発プロジェクトの成果によるものです。VD および VODプラントで可能なプロセスは、特殊鋼およびステンレス鋼等級の生産であっても、すべてVLDプラントでも経済的に実施できます。VLDプラントは、世界各地、特にマイクロミル、鍛造ショップ、鋳造ショップで運転されています。
 

    • 図1- 取鍋炉 (LF)
    • 図2- VD/VOD プラント
    • 図3- RH プラント

製鋼向けインテリジェントオートメーション

厳密な許容値、および製鋼から鋳造までの全自動生産シーケンスへの対応は、非常に高度なオートメーションシステムのサポートによってはじめて可能になります。

鋼材等級および品質需要によって異なりますが、当社のオートメーションシステムは、取鍋処理施設および炉向け、および真空脱ガスプラント (RH、VD、VOD) 向けのすべてのタイプの異なるプロセスおよび運転手順に対応します。

基本オートメーション、熱トラッキングおよびオペレータガイダンス等の基礎機能以外に、Steel Expert(鋼材エキスパート) プロセスモデルパッケージは、等量生産および柔軟生産に対応する動的オンライン最適化の機能を特長とします。

Steel Expert Prediction(鋼材エキスパート予測)システムでは、処理全体の理論計算プレビューや、計画済みの処理ステップの最適化をこなし、必要に応じて、処理工程に別の処理を追加します。

Steel Expert Prediction(鋼材エキスパート監視)モデルでは、実際の熱の状態を監視します。鋼材槽およびスラグの状態分析および温度計算に際しては、実際のプロセスデータおよびエネルギー投入量、材料追加、さらに該当する場合には真空脱ガスパラメータも考慮します。

鋼材の最終調節では、setpoint models(セットポイントモデル)が、必要な追加材料を計算し、冷却または加熱に必要な措置を推奨します。
 

他のハイライトソリューション:

  • 溶解エキスパート – 取鍋炉用の電極制御システム
  • 高度トラッキングシステム – 処理ステーションでの精錬容器の自動電子トラッキング
     
    • 図1- マンマシンインタフェース(HMI)による RH 監視
    • 図2- 溶解エキスパート LF
    • 図2- 溶解エキスパート LF | 図3- LF 制御室

長期間にわたり、お客様のプラントの最高の稼働を実現

今日の製鋼市場で成功するには、お客様は鋼の品質改善だけでなく生産性、転換コストの継続的低減することが必要です。

溶解技術、設備、システムにおけるたゆまない開発により、小規模な設備投資でも品質、パフォーマンス、効率的な生産において大きな成果が得られるようになりました。

プライメタルズテクノロジーズはメルトショップの厳しい運転条件下で、包括的あるいは各個別の近代化ソリューションを提供します。

納入した全てにコンポーネンツとシステムは、高い耐久性、イージーアクセス、省メンテナンス性を考慮して設計され、素晴らしい価値を提供します。  
 

特徴

  •     設備のターンキー供給において、複雑な問題を解決する専門性と遂行能力
  •     個々のお客特有の課題を解決するアプローチ
  •     プラント稼働中の中断の最小化
  •     実証済の、プラントの計画停止期間に対応した短期間設置ソリューション
  •     迅速な応答と単能機
  •     緊急時対応用の緊急対応チーム
  •     パートナーによるフィードバックを通じた継続的な技術とサービスの改善
  •     世界サービスネットワーク
  •     高品質な材料と高いワークマンシップを持つ自社工場
  •     実証された短い設備投資回収期間
     

主要なベネフィット

  •     プラント性能の絶え間ない改善
  •     高いプラント可用性
  •     生産性向上につながる技術的ソリューション
  •     改善され安定した製品品質
  •     長期的関係とパートナーシップ
     
    • Fig.1-銅クラッド炉蓋(LF/VD)
    • Fig.2-自己点火式COBランス(RH)

2次冶金向け ECO ソリューション – リソースの節減、価値の創出

当社のコンピタンスについての詳細は、以下のリンクからご覧ください。

ガス洗浄

  • 2次汚染除去システム (SDS) 

ECO コンサルティング
 

2次冶金向け統合型工場およびソリューション - 経験が物を言う

コンピタンスに関する詳細は、対応するリンクに従って確認してください: