最新情報

ニュース&プレスリリース


x  最新情報
  • ロンドン, 09.02.2022

    トルコ、エゲ チェリク社向け線材圧延ラインをアップグレ ード

    プライメタルズ テクノロジーズ(Primetals Technologies)は、トルコ、エゲ チェリク社(Ege Çelìk Endüstrisi Sanayi ve Ticaret A.Ş.) より、イズミールにある同社の線材圧延機のアップグレード工事を受注 しました。線材圧延機を新設し、仕上げ品質と寸法公差が改善された、トルコと欧州の市場向け高付加価 値製品のラインアップを拡充します。また、熱加工圧延により伸線性を向上させ、熱処理コストを削減し ます。新設圧延機の試運転は 2023 年夏を予定しています。

    詳細情報

  • ロンドン, 02.02.2022

    MMK ベストサプライヤー賞:プライメタルズ テクノロ ジーズが「メタラジー環境ソリューションリーダー賞」 を受賞

    マグニトゴルスク製鉄(Magnitogorsk Iron and Steel Works、以下 MMK)は、第 6 回ベストサプライヤ ーコンペティションを開催し、優れて信頼できるサプライチェーンパートナーを表彰しました。 MMK の経営陣は、サプライヤーとの関係が将来の成功への重要な要因の 1 つであるとして、このコンペティ ションを大変重視しています。プライメタルズ テクノロジーズ(Primetals Technologies)は、BOF 転 炉向け二次除塵システムにより、栄誉ある「メタラジー環境ソリューションリーダー賞(Leader of Environmental Solutions in Metallurgy)」を受賞しました。賞は記念行事で授与され、MMK の CEO で ある Pavel Shilyaev 氏が受賞者の協力に感謝の意を表しました。当社は栄えある受賞を誇りに思ってい ます。当社環境ソリューション担当 VP、Wilhelm Fingerhut が賞を受け取り、「MMK の経営陣とプロ ジェクトチームの素晴らしいご協力に感謝いたします。このような賞をいただき、一層、励みたく思っ ております。今後も共にプロジェクトを完遂し、この賞にお応えします。」と述べました。

    詳細情報

  • ロンドン, 24.01.2022

    インド、JSW スチール向け連鋳機を含む溶解工場新設工 事を受注

    プライメタルズテクノロジーズ(Primetals Technologies)は、インドの鉄鋼メーカー、JSW スチール (JSW Steel Ltd.)の 100%子会社である JSW ヴィジャヤナガル メタリックス(JSW Vijayanagar Metallics Limited)がトラナガルのヴィジャヤナガル製鉄所に新設する第 4 製鋼所向け設備を受注しま した。受注内容は、BOF 転炉 2 基、レードル炉 2 基、ガス洗浄・除塵システム、スラブ連鋳機 2 基、レ ベル 1 およびレベル 2 自動制御システムです。新設溶解工場の年間生産能力は 500 万トンで、主な製品 は高品質の炭素鋼です。ヴィジャヤナガル製鉄所の生産能力を拡大する大型プロジェクトの一環であ り、当社はエンジニアリング、機器供給、据付・試運転の指導を担当します。

    詳細情報

  • ロンドン, 18.01.2022

    ロシア、エブラズ社向けレール製造の統合品質管理シス テムを受注

    プライメタルズテクノロジーズ(Primetals Technologies)はロシア、エブラズ社西シ ベリア製鉄所(EVRAZ Consolidated West Siberian Metallurgical Plant 以下、EVRAZ ZSMK)より、ロシア、ケメロボ 州ノボクズネツクにある同社の製鉄所および圧延工場向け統合品質管理システム「Through-Process Optimization(TPO)」を受注しました。TPO はロシア最大の鉄鋼会社のレール製造工程を改善しま す。システム導入と同時に製造データの一元的かつ体系的な収集・格納が始まり、当社の専門家がデー タ駆動型相関分析を行います。このプロジェクトは 16 ヵ月かけて実施され、EVRAZ ZSMK と当社オー ストリア拠点の幹部がモニターします。複数年間の保守サービスも契約に含まれています。

    詳細情報

  • ロンドン, 14.12.2021

    中国、鞍山鋼鉄向けに近代化したスラブ連続鋳造機が稼 働開始

    プライメタルズテクノロジーズ(Primetals Technologies)が中国、鞍山鋼鉄集団公司(Angang Iron & Steel Group Co. Ltd. 以下、鞍山鋼鉄)の鞍山製鉄所第 2 製鋼所向けに近代化したスラブ連続鋳造機 2 基が稼働開始しました。本プロジェクトは、軽圧下システム「DynaGap Soft Reduction(ダイナギャッ プソフトリダクション)」によるスラブ品質の向上と連鋳機の連続稼働性の改善を目的とし、最先端の 自動制御システムと技術パッケージが導入されました。パンデミックの影響にもかかわらず、CCM4 は 予定よりも 16 日早く、CCM5 は 7 日早く稼働開始しました。

     

    詳細情報